3歳

山にも海にも田んぼにも、色んな秋を見つける絵本『あきですよ』読んでみた。

 

秋といえば…

どんなことを思い浮かべますか?

 

山の秋、海の秋、田んぼの秋。

色んなところにやってくる秋、この絵本を読めば「秋といえば…」がすぐイメージできるようになりますよ。

 

四季のえほん あきですよ

 


あきですよ (四季のえほん)

カタカナ なし
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784323031132

 

どんな本?

 

「こんにちは、あきはもうきましたか?」

こんな1文から始まる絵本。

ページをめくる度に、色んな秋を見ることができます。

 

「こんにちは、あきですよ」

オレンジや黄色に色づいた森で、キノコが育っているイラストです。

 

「こんにちは、あきですよ」

紅葉の山で、猿たちが柿の実をほおばっています。

 

「おはよう、あきですよ」

海では漁師さんが、鮭をとっています。

 

こんな風に、色んな場所の色んな秋の風景を見開き2ページ全面で描いている絵本です。

 

「おはよう、あきですよ」

「こんにちは、あきですよ」

「こんばんは、あきですよ」

 

と挨拶から始まる短い文章と、色々な角度から切り取った秋の風景。

2ページの中にぎゅっと秋が詰まっています。

 

秋と言えば、キノコ、鮭、柿、彼岸花…

秋の雰囲気だけでなく、登場する秋の風物詩が子供の心に残る絵本です。

 

感想

 

秋の絵本を探しているときに見つけ、表紙のりすの絵に一目ぼれした絵本です。

中を開くと、表紙のイメージそのままの優しいイラストで秋が描かれていて本当に気に入りました。

春夏秋冬と全て揃えたかったのですが、どうやらもう出版されていない本のようで図書館で借りました。

 

1ページ目もとても素敵なんです。

「こんにちは、あきはもうきましたか?」という文章と一緒に描かれているのは、なんと宇宙。

宇宙から地球を見て、地球に問いかけているようなイラストです。

そこからグッと心をつかまれてしまいました。

 

幼稚園の娘もこの絵本はイラストをじっと眺めて猿を見つけたり、自分がやった落ち葉拾いと風景を重ねたりして楽しんでいました。

私があまりにもこの絵本を気に入っているので、娘に借りてきた絵本ですが「お母さん、この本読みたかったら読んでもいいからね」と娘がいつも声をかけてくれました。

 

秋の絵本も色々ありますが、鮭が出てくるのはこの本くらいなのではないでしょうか?

1冊読み終わる頃にはすっかり秋の雰囲気になれるお気に入りの絵本です。

 

柴田 晋吾(作) 津田 真帆(絵)/金の星社

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告