ペンギン

銀行のメインキャラクターも務めるキラキラのペンギン。『Penguin Pete and Pat』英語絵本を読んだ内容と感想。

 

キラキラ輝く表紙に子供が一目ぼれ。

ペンギンピートシリーズは、日本語も英語も読んだことがなく今回初めて読みました。

 

どこかで見たお名前だと思ったら、作者は『にじいろのさかな』でお馴染みのMARCUS PFISTERさんでした。

賛否両論ある感想、あなたはどっち?『THE RAINBOW FISH』英語絵本を読んだ内容と感想。世界中で人気のキラキラ絵本、英語で読んでみました。馴染みある絵本なら、親も子も挑戦しやすい。考えさせられるテーマで大切なことを学びます。...

 

温かみのある可愛いイラストがたまりません。

 

Penguin Pete and Pat

 


Penguin Pete and Pat

 

どんな本?

 

主人公はピートという黄色いくちばしのペンギン。

くじらのウォルターと冒険に出て、タコの墨で真っ黒になったり、いるかの群れに会ったりしながら旅を終えて家に帰ります。

 

ピートが帰るとコロニーの仲間は大喜び!

そこで花束をプレゼントしてくれた青いくちばしの女の子、ピートはその子のことが頭から離れなくなり…

 

冒険、恋、結婚、そして最後はパパになるピート。

可愛い子供が生まれ、その子が傷ついたときパパとして明るく寄り添い、子供が成長する喜びまで感じられます。

 

冒険でスタートしたと思ったら、まさかのパパに!

この1冊の中に、ピートの人生がギュギュっと詰まっています。

 

感想

 

1ページに4~5文ほどある、英語の量がしっかりとした絵本。

英語に苦手意識があると、手が出にくいかもしれません。

 

私も英語に自信があるわけではないのでパラパラめくって「これ読めるかな…?」と心配になりましたが、わからない単語を訳しながら読み終えました。

単語自体は見たことのあるものが多いのですが、例えば「sure enough=(案の定)」など、繋げて別の意味になるような英語が出てくるので勉強になります。

 

幼稚園の我が子には英語量が多く、知らない単語を訳して状況を想像してもらったり、ざっくりと文章を訳したりして読み進めました。

絵があることで、会話形式はわかりやすいようです。

 

意味はなんとなくしかわかっていないと思いますが、ペンギンが可愛いので娘は気に入った様子。

子供が読みたいと言ったものに挑戦できるよう、母は英語を頑張ろうと思いました!

 

ちなみに、ペンギンピートは百五銀行のイメージキャラクターとして日本でも活躍中です。

 

英語版
Marcus Pfister

 

カタカナ
漢字
ページ数 25ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 5歳

ISBN:9780735841550

 

日本語版
小沢 正 (翻訳), マーカス フィスター

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告