くま、しろくま

英語教室で人気のエリックカールBrown Bearシリーズ。『Polar Bear,What Do You Hear?』英語絵本を読んだ内容と感想。

 

今回読んだのは、すぐ暗記する子供続出の絵本シリーズ。

1作目の『Brown Bear~』はアメリカの幼稚園などで必ずと言っていいほど子供たちに読まれている絵本ですが、娘も例にもれず即暗記!

普段の生活でそのフレーズを口にするほどなので、効果を実感しこちらの絵本も取り寄せました。

 

このシリーズは4作品出版されていて、今回ご紹介するのは2作目。

▼3作目のレビューはこちら▼

色の魔術師エリックカール!絶滅危惧の動物と夢見る子供。シンプルなフレーズの繰り返しがリズミカルで、暗記してしまう子もいるくらい簡単な英文の絵本。色彩豊かなイラストで絶滅危惧の動物たちを知ることができます。...

 

▼4作目のレビューはこちら▼

エリック・カールBrown Bearシリーズ4作目!『Baby Bear,What Do You See?』英語絵本を読んだ内容と感想。 今回読んだのは、すぐ暗記する子供続出の絵本シリーズ。 1作目の『Brown Bear~』はアメリカの幼稚園などで必ずと言っ...

 

暗記の理由はこの絵本の文章です。

日本語版も出ていますが、ぜひ英語版の、音の楽しさにも触れてみて下さい。

 

Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?

 


Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?

 

どんな本?

 

『Polar Bear,Polar Bear,what do you hear?』と、タイトルと同じ英文で色々な動物がページごとに現れます。

『何が聞こえるの?私は…〇〇の鳴き声が聞こえる』と次の動物(〇〇)にバトンタッチしていくリレーのような構成。

 

出てくるのはLion(ライオン)、Hippopotamus(カバ)、Flamingo(フラミンゴ)など。

色彩の魔術師と呼ばれるエリック・カールならではの色遣いで、見開きいっぱいに描かれたダイナミックな動物たちに出会えます。

 

最後に出てくるのはZookeeper(飼育員)。

あれ、もしかしてここって…?

 

動物と関連した英単語で、色々な音の表現を学べる絵本です。

 

感想

 

今回読んだ2作目は、出てくる動物に1つの共通点があります。

最後の飼育員さんの姿で答えがわかるおもしろさ、この絵本シリーズは、最後に出てくるもので1冊の内容をうまくまとめられているのが特徴です。

 

また、全4作あるシリーズの中で本作だけは「What do you hear?」と音がメインになっています。

roar(吠える)、snort(鼻を鳴らす)、flute(笛のように歌う)など…

様々な音の表現を、動物のイメージと共に覚えることができました。

 

この絵本、タイトルを口に出してみると、なんだか不思議なリズムが生まれませんか?

それが子供の耳に残るようです。

子供がテレビCMをすぐに覚えて歌うのと同じで、リズミカルな文章が繰り返されるこの絵本も「What do you hear?」のフレーズは暗記しやすいと思います。

 

私が読んだのは原作の英語版ですが、日本語版も翻訳者の方が原作の音遊びのような英語を再現できるようにしっかりと考えて下さっているので、ぜひどちらもお試しください。

 

英語版

※こちらの絵本は様々なタイプで出版されている名作のため、ご参考までに私が読んだもののISBNコードを下記に記載しておきます。サイズや形式などは、各ショップでお好みのものをお選びくたさい。

 

カタカナ
漢字
ページ数 25ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBN-13:9780805053883
ISBN-10:0805053883

 

日本語版
エリック・カール(え) ビル・マーチン(ぶん) おおつき みずえ (翻訳)

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告