くま、しろくま

色の魔術師エリックカール!絶滅危惧の動物と夢見る子供。

 

今回ご紹介するのは表紙が目を惹く絵本。

インパクトあるパンダに子供が食いつきました。

 

なんとなく見覚えがある方、それもそのはずです。

この絵本、イラストは『はらぺこあおむし』等で有名なEric Carleさん。

 

英語ですが簡単な繰り返しなので、暗記してしまう子もいるくらい読みやすいですよ。

どのページも目を惹く動物が登場するので、ぜひご覧になってみてください♡

 

Panda Bear, Panda Bear, What Do You See?

 


Panda Bear, Panda Bear, What Do You See? (Brown Bear and Friends)

 

どんな本?

 

パンダさん、パンダさん、何見ているの?と始まる絵本。

ページごとに水牛やクモザル、鶴など様々な動物が現れます。

 

ページの見開きを目いっぱいに使ったダイナミックなイラストは、色鮮やかで他にはない魅力があります。

 

全部で10匹の動物と、最後に出てくるのは夢を見る子供。

その子供が見ているのは…?

 

実はこの絵本、絶滅危惧の動物たちがメイン。

ただの"monkey"ではなく"spider monkey"だったり、珍しい動物たちを知るきっかけにもなるのでおすすめです。

 

色彩の魔術師と呼ばれるエリックカールさんの描く動物たちを、ぜひご覧になってみてください♡

感想

 

パンダの本がある、パンダの本がある、と子供が離さなかった絵本。

各ページは動物が描かれているだけなのですが、とにかく色鮮やかで何度も読み返してしまいます。

 

タイトル同様の英語が各動物ごとに繰り返されるので、英文もシンプル。

短くリズミカルなのが、とても読みやすいです。

 

何度も繰り返すことでインプットしやすいので、我が家では"What do you see?"の部分だけ子供に言ってもらうようにしました。

すると読み始めて3回目で、動物の名前も含めてすべて暗記!

よほど英語のフレーズが覚えやすいテンポなのだと思います。

 

”What do you see?”は日常でも使える言葉なので、自然と出るようになればいいなと思っています♡

 

英語版

 

カタカナ
漢字
ページ数 25ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

 

日本語版
エリック・カール(え) ビル・マーチン(ぶん) おおつき みずえ(やく)

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間300冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューではできるだけ『英語版・日本語版』の両方リンクを貼れるよう探しています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告