きつね

多読におすすめのシリーズ!『Sly Fox and Red Hen』英語絵本を読んだ内容と感想。

 

我が家でよく登場する、『Read it yourself』シリーズ。

文字が大きく、英語がシンプルですごく読みやすいです。

 

可愛いクッキーで英語を楽しむ!欧米ではポピュラーな絵本。お菓子がテーマだといつも以上に積極的な子供。そこを利用してどんどん英語絵本に挑戦した中の1冊をご紹介します。...
自分で読もう!Read it yourselfシリーズで読む三匹のやぎ。我が家で大活躍の名作童話英語版シリーズから、3匹のやぎのがらがらどんを紹介。簡単な英語絵本で親子ともにストレスのないレベル1です♡...
Read it yourself!自分で読める、えんどう豆の上のお姫様。レベル別に選べるread it yourselfシリーズから、お姫様とエンドウ豆のアンデルセン童話をご紹介します。...
幸せは人それぞれ。自分で読める英語絵本のLevel2は、可愛いねずみから学ぶ。最後にクイズが付いているので、子供がそれを楽しみに読むRead it yourselfシリーズ。今回はレベル2に挑戦しました。...

 

名作童話が豊富で、表紙に英文のレベルが書いてあるので自分に合った本を選べるのが便利。

今回はレベル2、『ずるいキツネと赤いめんどり』という童話を読みました。

 

Sly Fox and Red Hen

 


Sly Fox and Red Hen: Ladybird Readers Level 2 (Ladybird Readers, Level 2)

 

どんな本?

 

1匹のずる賢いキツネと、赤いニワトリのお話。

 

お腹をすかせたキツネが、ニワトリを食べに行こう!と袋を持って出かけます。

こっそり家の中に隠れ、ニワトリを捕まえようとクルクル走り回り…

目が回ってニワトリは袋の中に入れられてしまいます。

 

安心したキツネはのんびりお昼寝をすることに。

しかし、ニワトリは袋の中から逃げ出してある「仕返し」を考えます。

ニワトリが逃げたことに気付かず家に帰ったキツネは、熱々のお鍋に袋の中身を入れようとして…!

 

ニワトリの先を読んだ仕返し、一体何だったのでしょうか?

英文の繰り返しで多読にもぴったりのコンパクトな絵本です。

 

感想

 

『Read it yourself』は「自分で読む!」を目的とした絵本なので英文がわかりやすく、英語に自信のない親御さんにおすすめのシリーズです。

最後のページにクイズがあり、絵本の内容を理解していれば解ける簡単なものなので娘はそれを楽しみにこの絵本シリーズを読んでいます。

 

今回読んだ絵本もLevel1より文章量は増えますが、単語が簡単で、同じ英文が繰り返し出てくるので小さなお子様の英語学習におすすめ。

最初に載せたほかの絵本と一緒に、簡単なレベルから色々なお話を楽しんでいます。

 

 

カタカナ
漢字
ページ数 27ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 4歳

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間300冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューではできるだけ『英語版・日本語版』の両方リンクを貼れるよう探しています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告