ねずみ

幸せは人それぞれ。自分で読める英語絵本のLevel2は、可愛いねずみから学ぶ。

 

我が家でよく登場する、『Read it yourself』シリーズ。

文字が大きく、英語がシンプルですごく読みやすいです。

 

自分で読もう!Read it yourselfシリーズで読む三匹のやぎ。我が家で大活躍の名作童話英語版シリーズから、3匹のやぎのがらがらどんを紹介。簡単な英語絵本で親子ともにストレスのないレベル1です♡...
Read it yourself!自分で読める、えんどう豆の上のお姫様。レベル別に選べるread it yourselfシリーズから、お姫様とエンドウ豆のアンデルセン童話をご紹介します。...

 

名作童話が豊富で、表紙に英文のレベルが書いてあるので自分に合った本を選べるのが良いのです。

今回はレベル2、イソップ童話の『田舎のねずみと都会のねずみ』を読みました♡

 

Town Mouse and Country Mouse

 


Read It Yourself the Town Mouse and the Country Mouse (mini Hc)

 

どんな本?

田舎に住むねずみと、都会に住むねずみのお話。

 

田舎のねずみは自然溢れるのどかな場所に住んでいて、牛やガチョウなどの動物と仲良く暮らしていました。

そこへ遊びにきた都会のねずみ、見たこともない動物たちの鳴き声にびっくり!

とてもこんな所にはいられないよと怖がって都会に帰ってしまいます。

 

今度は都会に遊びにきた田舎のねずみ。

街を案内してもらうけれど、大勢の人や車のクラクションが恐ろしくてたまりません。

やっぱり、怖がって田舎に帰ってしまいます。

 

このお話はイソップ童話の1つで、

『居心地の良い場所は人それぞれ。』

『自分の当たり前が人の当たり前とは違う。』

そんな教訓がこめられています。

 

自分では当たり前のことが、他の人にとっては違う。

英語だけでなく、これから社会に出ていく子供たちにとって大切なことが学べる絵本です。

 

感想

 

『Read it yourself』は「自分で読む!」を目的とした絵本なので英文がわかりやすく、英語に自信のない親御さんにおすすめのシリーズです。

今回読んだ絵本も、Level1より文章量は増えますが単語が簡単なので内容理解は難しくないと思います。

 

ただ、内容を削ってかなりコンパクトにまとめられている絵本なので、元のイソップ童話を知らないと教訓が伝わりにくいかもしれません。

我が家の娘はまだリーディングできないので読み聞かせで楽しんでいますが、日本語版も読んで教訓理解はそちらで補足するつもりです♡

 

 

カタカナ
漢字
ページ数 31ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 4歳

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間300冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューではできるだけ『英語版・日本語版』の両方リンクを貼れるよう探しています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告