3歳

あったらいいなと想像がふくらむ『いもほりバス』読んでみた。

 

秋になると色んなイベントがありますが、中でも子供たちが楽しみにしているのがお芋ほり。

保育園・幼稚園・小学校では秋の定番イベントではないでしょうか。

 

そんな芋ほりが益々楽しみになる、楽しい絵本をご紹介します。

こんなバスがあったらいいな、想像がふくらむ1冊です。

 

いもほりバス

 


いもほりバス (チューリップえほんシリーズ)

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 24ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784790252030

 

どんな本?

 

今日はおいもほり。

ねずみたちはうきうきしながらバスにのりこんで、出発進行!

 

でこぼこみちもなんのその、バスはお芋畑に到着します。

そして早速芋ほりをするねずみたちですが、出てくるのは小さいお芋ばかり…。

 

そんなとき、ひときわ大きな葉っぱを見つけます。

掘ってみるとあまりに大きくて、スコップでは掘り出せないようなお芋が見えてきました。

 

このあと、バスがまさかの大変身!

大きなお芋はどうなるのでしょうか。

 

実際にはありえないようなストーリーに、子供たちもワクワク。

こんな大きなお芋が出てきたらどうしよう!

想像が広がります。

 

芋畑までバスで移動→お芋ほり→焼き芋

実際の芋ほり体験と同じ流れでお話が進む、芋ほり前におすすめの絵本です。

 

感想

 

ただお芋ほりをするというお話ではなく、バスが変身したりお芋がある工程を経て焼き芋になったりとびっくりの連続。

幼稚園の娘も「えぇ~!」と笑いながら読んでいました。

 

背景はどのページも色がついていて、丸ごと一冊楽しい雰囲気の絵本です。

そして、「大きなお芋」というのもこれがとんでもなく大きいです。

私が今まで読んだ芋ほり絵本の中で、一番大きなお芋です。

 

見開き2ページまるごと使ってしまうような大迫力のお芋は必見!

何でもありの楽しい世界が広がるのが、絵本の良さですよね。

 

ちょうどこの記事を書いている翌日は、娘のお芋ほりです。

娘は疲れているのにウキウキしながら準備をして、パジャマの上にリュックをしょってスキップ。

楽しみで楽しみで仕方ない姿が、とても可愛らしくて写真におさめました。

 

明日は晴れ、いっぱい泥んこになって楽しんでおいで!

あなたが掘ったお芋でお料理するのを楽しみに待っています。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告