4歳

大人のファンも多いザ・ギャビンカンパニー『おかしな?ハロウィン』読んでみた。

 

元々海外文化だったハロウィンですが、最近ではすっかり日本にも定着しましたね。

絵本もたくさん出版されています。

 

そんなハロウィン絵本の中でも、一際目立つのが今回ご紹介する絵本。

独特の世界観が癖になる人気作です。

 

おかしな?ハロウィン

 


おかしな?ハロウィン (ほるぷ創作絵本)

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 34ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9784593505937

 

どんな本?

 

今日はハロウィン。

子供たちがこわ~いおばけに変装して、お菓子をもらいにやってきます。

 

家の中ではおばあさんがせっせとお菓子の準備中。

一体どんなお菓子が出てくるのでしょうか?

 

最初に来たのはドラキュラさん。

あなたにぴったりなのはこのお菓子…「コウモリクッキー!」

早く食べないと飛んで行ってしまいます。

 

次に来たのはフランケンシュタインさん。

あなたにぴったりなのはこのお菓子…「ジャイアントマシュマロ!」

その大きなお顔にぴったり。

 

半魚人、狼男、メドゥーサと次々現れるおばけたちに、それぞれぴったりのお菓子を用意するおばあさん。

子供たちは大喜びで仮面を外してお菓子を食べ始めます。

 

おばあさんも一緒に食べよう?

 

…さぁここからが大変。

ただ楽しいだけでは終わらない、ちょっぴり怖いハロウィンのドキドキが味わえる絵本です。

 

感想

 

表紙の独特な色遣い、たくさんあるハロウィン絵本の中でも一際目立ちます。

一ひねりあるお菓子や、癖のあるキャラクターがおもしろいのか娘はハロウィン絵本の中でこちらを1番気に入って読んでいました。

 

ザ・ギャビンカンパニーさんは、ご夫婦の絵本作家さん。

ユニークな絵本で数々の賞を受賞している、注目のユニットです。

 

その独特の世界観が、本作のハロウィンの雰囲気にぴったり。

最後のサプライズには大人の私もゾクッとしてしまいました。

もしかすると「怖い」と言うお子様もいらっしゃるかもしれませんが、読み手次第で怖くもおもしろくもできるように思います。

少しドキドキする絵本をお探しの方は、ぜひお試しください。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告