0歳

ずーっとりんご、りんごだけ。『りんご』絵本を読んだ内容と感想。

 

娘が見つけて持ってきた絵本。

表紙には1個のりんご、タイトルは『りんご』。

 

幼稚園の娘には簡単すぎると思いましたが、意外な楽しみ方で大活躍。

写真のように艶やかなイラストが魅力の絵本をご紹介します。

 

りんご

 


りんご (母と子のえほん)

 

どんな本?

 

あかいりんご、きいろいりんご、ピンクのりんごの3種類が出てきます。

 

お母さんがりんごの皮をむくのを嬉しそうに子供が眺め、半分に切って、芯を取るところまで丁寧に描かれる絵本。

 

ページいっぱいのイラストはとても細かく、実物のようです。

 

文字は少なく、赤ちゃんから楽しめる絵本。

お母さんと子供たちのりんごを食べる穏やかな雰囲気が、大人も懐かしい気持ちにさせてくれる1冊です。

 

感想

 

絵が優しくて、じーんと心に染みる素敵な絵本。

りんご→むく→切る→芯を取る→食べる

これが描かれているだけでほとんど文章はないのですが、温かみのあるイラストと絵本に出てくる家族の幸せそうな顔が、なんとも言えない雰囲気を感じさせるのです。

 

幼稚園の娘には退屈すぎるかと思いましたが、ひらがな覚えたての娘が下の弟に読み聞かせをするのに丁度よく、何回も絵本を読んであげています。

娘にこの絵本のどこがおもしろいか聞いてみると、「ピンクのりんごは初めてみた!」と絵を指さしました。

りんごは赤だけでないと感じてくれたようで嬉しくなりました。

 

幼稚園生だと読み聞かせには簡単すぎるかもしれませんが、自分で読めるという自信がついたようです。

こちらの判断で辞めずに、選んだものを読んでみてよかったなと感じました。

 

\こちらから購入できます/

松野 正子(ぶん) 鎌田 暢子(え)

 

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 20ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 1歳

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告