ひな祭り

桃の花満開のひなまつり絵本『ももこのひなまつり』読んでみた。

 

節分が終わると、季節はあっという間に春。

次にやってくるひな祭りに向けて、2月のうちに色々と絵本を読んでいます。

 

今回は、桃の節句とも呼ばれるひな祭りにぴったりの絵本を紹介します。

お雛様と桃の花を目いっぱい楽しめるお話です。

 

ももこのひなまつり

 


ももこのひなまつり (行事のえほん)

カタカナ なし
漢字 なし
ページ数 28ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9784876920464

 

どんな本?

 

3月3日生まれのももこ。

桃の節句に生まれたので、名前はももこです。

 

ある年のひなまつりに、お母さんがお雛様と一緒に桃の花を生けました。

「桃の木って大きいのかな…?」と興味を示したももこに、本物の桃の木を見に行こうとお父さんが提案。

お休みの日、家族みんなで桃のお花見に出発します。

 

しかし、行って見ると見ごろはまだまだ先で木には蕾ばかり。

がっかりして帰ろうとすると、遠くに満開の桃の木を見つけます。

車を走らせてみると、そこはあるおばあさんのおうちでした。

 

おばあさんとの出会い、念願の桃の木を見たももこの心境、立派な段飾りのひな人形。

優しいイラストにホッと心が温まるひなまつり絵本です。

 

感想

 

こちら、表紙に一目ぼれ。

満開の桃の花に囲まれた女の子に春の訪れを感じます。

 

桃の木を見たことがないももこに本物を見せようと家族みんなで出かけるところ。

穏やかで心優しいおばあさんとの関わり。

子供たちにしてあげたいなと思うような理想的なシチュエーションばかりです。

柔らかく優しいタッチのイラストがお話とマッチしてとても穏やかな気持ちになりました。

 

日本図書館協会選定にも選ばれ、3月3日のひなまつりにはぴったりの作品。

文章量があるので年少さんには少し長く感じるかもしれませんが、どのイラストもページいっぱいまで大きく描かれているので見ているだけでも春の雰囲気を感じられると思います。

 

森山 京(作) ふりや かよこ(絵)/教育画劇

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告