ねこ

何十年も愛され続ける理由がある『11ぴきのねことぶた』絵本を読んだあらすじと感想

 

親である私たち世代も知っている、名作絵本を娘に読んでみました。

するとたちまちお気に入り絵本に!

 

名作は、何十年経ってもやはり名作なのだなぁと感じた1冊。

今回は、親子ともにファンの多い11ぴきのねこシリーズから、とんでもないことをするねこたちの絵本をご紹介します。

プレゼントに嬉しい!絵本の可愛いグッズ、集めてみた。わたしのワンピース、ねないこだれだ、ノラネコぐんだん…たくさんの人気絵本から、可愛いグッズを集めてみました。大人も普段使いできるアイテムがたくさん、プレゼントやギフト探しにもおすすめの記事です。...

 

11ぴきのねことぶた

 


11ぴきのねことぶた

 

どんな本?

 

旅に出た11ぴきのねこ、途中で古い家を見つけそこを勝手に自分たちの家にしてしまいます。

そこにやってきたぶたくん、どうやらおじさんの家を探している様子…

違うよ!ここは11ぴきのねこの家!

ぶたくんを追い出してデカデカと表札まで作る11ぴきのねこ。

 

しかし、やっぱりぶたくんがかわいそうになって一緒に新しく家を建ててあげることにしました。

でも、新しいおうちがあまりに立派で気付けば勝手に表札をつけてねこたちはこちらを新しい住処にしてしまうのです。

 

文章だけ読むと結構ひどいねこたちなのですが、馬場さんのほのぼのとしたイラストでユーモアあふれる絵本になっているところがすごい。憎めない存在なのです。

しかし、最終的に「あーあ、そんなことするから…」というオチが待っています。

 

全国学校図書館協議会選定、日本図書館協会選定、厚生省中央児童福祉審議会推薦文化財と数々評価される絵本。

悪いことをすると、結局自分に返ってくるねと学べる1冊です。

 

感想

 

11ぴきのねこシリーズ、娘が初めて読んだのがこちらの3作目。

出来上がったおうちをさりげなく自分たちのものにしているねこを見て、目を真ん丸にして私を見て、目が合うとケラケラ笑います。

ねこたちが悪いことしてるのに、それが「ユーモア」になっていてとってもおもしろいんです。

 

11ぴきのねこシリーズは、1作目『11ぴきのねこ』が1967年に発行されています。

親である私たちが子供の頃に読み、そしてそれを今自分の子供がおもしろいと読んでいる姿。

親子で名作絵本を読むと、言葉にできない幸せも感じることができると思います。

 

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 44ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784772100489

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告