キャラクター

ミッフィーが畑で作物を育てる英語絵本『miffy’s garden』を読んだあらすじと感想

 

我が家で読む英語絵本の中で、気に入っているシリーズがあります。

それがミッフィーシリーズ。

 

英語がシンプルで読みやすいのと、イラストがお洒落なので置いてあるだけでなんだかセンスの良いリビングに見えるんですよね。

今回は、作物を育てる流れを学べるミッフィー絵本をご紹介します。

 

miffy's garden

 


Miffy's Garden

 

どんな本?

 

ミッフィー、お父さんに勧められて自分で畑をやってみることにします。

 

まずはつなぎを着て。

土をならし、種をまき、お水をあげて…

一体何が収穫できるのでしょうか?

 

この絵本の日本語タイトルは「うさこちゃんのはたけ」ですが、英語タイトルは"garden"。

同じく畑という意味で使われるfieldと何が違うか調べてみると、

field=広大な畑(農家のイメージ)

garden=自宅に付属する畑(家庭菜園のイメージ)

スケールによって使い分けるようです。

 

どうやって作物が育ち、食卓に出てくるのかを順序だてて学べる教育的な絵本です。

 

感想

 

娘が好きで英語のミッフィーシリーズをよく読みます。

はっきりした色と短いお話が、幼稚園の娘にちょうど良いみたい。

 

英文はどのページも2文くらいで、淡々としたストーリーやお話のボリュームが寝る前の読み聞かせにぴったりだと思います。

 

赤いつなぎでちょっぴりおめかしして、力持ちのパパと一緒に畑を耕し、できた作物でママが素敵なごちそうを作ってくれる…

ミッフィーの優しく穏やかな世界観、大好きです。

 

土を耕す→種をまく→水やり→芽が生える→収穫→食べる

絵本のおかげで、この流れをシンプルに子供に説明することができました。

 

英語版
dick bruna
カタカナ
漢字
ページ数 25ページ
本のサイズ B5くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9781471122118

 

日本語版
ディック・ブルーナ(ぶん/え) まつおか きょうこ(やく)

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告