英語絵本

アメリカと日本でどう違う?野球好き必見の『TAKE ME OUT TO THE YAKYU』読んでみた。

 

皆さんのお子様は、野球が好きですか?

 

うちの娘はスポーツとして知っているくらいですが、野球がテーマのとてもおもしろい英語絵本を見つけました。

英語は簡単で、日本語と英語それぞれの単語も学べる子供にぴったりの内容。

野球好きのお子様がきっと喜ぶ英語絵本をご紹介します。

 

TAKE ME OUT TO THE YAKYU

 


TAKE ME OUT TO THE YAKYU

カタカナ
漢字
ページ数 40ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9781442441774

 

どんな本?

 

作者のアーロン・メションさんはアメリカのイラストレーター。

本作が初めての絵本作品で、2013年ニューヨークタイムズのトップ100作品に選ばれて星4つを獲得しています。

 

 

お話は、野球大好きな男の子が、じいじに野球に連れて行ってもらうというもの。

左ページはアメリカ、右ページは日本という構成で日米それぞれの男の子と野球について比較しながらお話が進みます。

 

日本はメガホンで応援するけど、アメリカは…?

日本はボールがバットに当たる音を「カッキーン!」と表現するけど、アメリカは…?

日本とアメリカの観戦スタイルの違いが、ポップな絵でカラフルに描かれています。

 

Boy=男の子

Car=くるま

Bath=おふろ

など、絵本に出てくる基礎単語の比較表も最後についていて(しかもイラストでとても可愛く描かれているので「単語帳」と感じにくい!)英単語を覚えるきっかけも。

 

野球好きはもちろん、英語絵本デビューにもおすすめの1冊です。

 

感想

 

この本を娘が選んだとき、「野球そんなに知らないから楽しめないんじゃないかな?」と思ったのですが余計な心配でした。

まず、イラストがポップで可愛らしい。

カラフルなページは、大人でもワクワクしますよね。

 

調べてみると、どうやらアーロンさんは日本人の奥様がいるようです。

ホームページには日本に関する作品が他にもあり、とても可愛らしいのでぜひご覧になってみてください。

アーロン・メション公式ホームページ

 

英文は左右にそれぞれ1文くらい。

左側のアメリカページと、右側の日本ページでそれぞれの呼び方を学べます。

 

娘は英語が好きなので最後の単語比較表まで楽しんで読みました。

野球好きも、英語好きも楽しめる1冊です。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告