キャラクター

アナと雪の女王オラフの英語絵本!『An Amazing Snowman』を読んだあらすじと感想

 

3歳頃から、突然アナ雪ブームが始まった娘。

幼稚園のお友達とやっているのか、レリゴー♪と歌いながら踊るようになりました。

 

そこで選んだのが今回の絵本。

日本語版も出ているので、最後にあわせてご紹介します。

 

An Amazing Snowman

 


Frozen An Amazing Snowman (Frozen (Disney Press))

 

どんな本?

 

オラフは、ただの雪だるまじゃないんです。

歩いて、しゃべって、踊れちゃう。

 

でもオラフが本当に特別な理由は、思いやりの心と、無限の想像力を持っているところ。

その魅力を、アナやエルサも出てくる美しいイラストで伝えてくれる絵本です。

 

 

ワンセンテンス(一文)の簡単な英文で構成されているので、英語を勉強中の小中学生にもおすすめ。

映画とは違う手描きイラストで、絵本独特のアナ雪の世界を感じることができます。

 

”Every ending is a chance for a new beginnig” ⇒ 終わりは始まりのチャンス

素敵な言葉とイラストが、ほんわか温かい気持ちにしてくれる絵本です。

 

感想

 

アナ雪好きにはたまらない絵本だと思います。

何か物語が進むというより、オラフの想像や説明として様々なシーンが出てくるので色々なイラストが楽しめます。

そして映画のようなCGではなく、手描きイラストなのでより可愛らしく感じました。

 

英文は見開きで1文程度。

A is B.

A is B because….

このような見慣れた英文構成なので、英語が得意でなくても読めると思います。

幼稚園児の娘も、英文+イラストで状況理解ができました。

 

個人的に1番好きなのは、エルサが扉を開けて迎えてくれるページ。

雪のきらめきを感じるくらい美しい描きこみです。

 

日本語訳と原書はタイトルからして訳が少し違うので、それぞれ違った読み方を楽しめそうです。

 

英語版
by Baarbara Jean Hicks illustrated by Olga T.Mosqueda
カタカナ
漢字
ページ数 33ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9781423185147

 

日本語版
バーバラ・J・ヒックス (著), オルガ・T・モスケーダ (著), 海老根 祐子 (翻訳), 老田 勝 (編集)

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間300冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューではできるだけ『英語版・日本語版』の両方リンクを貼れるよう探しています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告