2歳

意外と知らない発見がある!『しっぽしっぽだーれ?』読んでみた。

 

娘が見つけた、しっぽの表紙。

『ざんねんないきもの事典』などで有名な今泉忠明先生が監修する動物絵本でした。

 

クイズのように動物を知ることができる、小さいお子様にもおすすめの1冊をご紹介します。

 

しっぽしっぽだーれ?

 


どうぶつえほん だーれ? どーする? (1) しっぽ しっぽ だーれ? (どうぶつえほんだーれ?どーする?)

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 24ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784265087419

 

どんな本?

 

表紙にある4つのしっぽ。

何のしっぽかわかりますか?

 

最初はふさふさのしっぽ、次は白くてちっちゃいしっぽ…

みんなそれぞれ特徴があって、意外と知らない発見も!

 

「しっぽ しっぽ だーれ?」

とクイズのようになっているので、ページをめくるたびに答え合わせを楽しめます。

 

途中、5つめのしっぽも登場!?

子供たちが一生懸命考えて、元気いっぱい答えを言ってくれる絵本。

意外と大人も知らない特徴のある動物ばかりです。

 

感想

 

しっぽしっぽだーれ?

と問いかけるような構成の絵本。

もう少し小さい子供向けかな?と思いましたが、幼稚園児の娘ははりきって答えを当てて大喜びしていました。

 

表紙のしっぽ、みなさんはわかりましたか?

実は私見事に間違えまして、よーく見るとこんな特徴があるんだなぁと大変勉強になりました。

 

登場する動物がごはんを咥えているのでそれぞれ何を食べるのかもわかるし、最後のページにはそれぞれのしっぽの役割が説明されています。

長いしっぽと短いしっぽの違いもわかる、学びの深い1冊です。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告