3歳

ねないこだれだのクリスマス絵本『クリスマスのおばけ』読んでみた。

 

本屋さんに行くと、カラフルなクリスマス絵本がたくさん並ぶ時期になりました。

どれもこれも可愛いけれど、やっぱり手に取りたくなってしまう名作絵本のクリスマス編をご紹介します。

 

クリスマスのおばけ

 


クリスマスのおばけ (せなけいこのえ・ほ・ん)

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 27ページ
本のサイズ B5くらい
おすすめ月齢 2歳

 

どんな本?

 

クリスマスは、ツリーにプレゼントにケーキに、嬉しいことがたくさんの1日。

女の子は一日中ワクワクしながら、夜はご馳走とケーキを食べて、あー楽しかった!

 

…でも、ふと思い出します。

あのおばけのこどもは、どうしているのかなぁ。

 

プレゼントはもらえたのかな?

ご馳走がなくて、悲しんでいないかな?

 

この絵本は、心優しい女の子がおばけに贈るハッピークリスマスのお話。

女の子がおばけにあげたのは、とっても素敵なプレゼント。

おばけの嬉しそうな顔がたまりません。

 

『ねないこだれだ』を知っている皆様に、ぜひ読んでほしいクリスマス絵本です。

 

感想

 

『ねないこだれだ』『めがねうさぎ』などでお馴染みのせなけいこさんの絵本は、他では見られない切り貼りした紙絵の温かさが魅力です。

この絵本でも、その作風がクリスマスの優しい気持ちを更にほんわかと伝えてくれます。

 

『ねないこだれだ』では少し怖いおばけだけれど、この作品には怖い要素はありません。

優しさと思いやりの温かい物語で、ラストを読んだらおばけが可愛くてたまらなくなるはず。

 

私は幸せいっぱいだけれど、あの子はどうしてるかな…?

この本を読むと、周りのことを考える想像力や思いやりの気持ちがうまれると思います。

 

3歳の娘にも絵を見せながら「おばけはどんな気持ちだと思う?」と想像してもらいましたが、寂しい・残念と相手の気持ちを想像できていたので嬉しかったです。

そこがわかると、そのあとのプレゼントがどれだけ嬉しいかもわかりやすいのではないかと思います。

 

どんな子供にも幸せなクリスマスがやって来ますように、そんな願いがこもった名作クリスマス絵本です。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告