3歳

歌いたくなるパピプペポ♪『くまくまパン』読んでみた。

 

私も娘も食べることが大好き。

パンやお菓子がテーマの絵本を見つけると、必ず手に取ります。

 

今回は、数あるパン絵本の中から子供が選んだ1冊を紹介します。

シリーズ化もされている人気作なんですよ。

 

くまくまパン

 


くまくまパン

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

 

どんな本?

 

甘いパンが得意なくまさんと辛いパンが得意なしろくまさんが、一緒にパン屋さんをはじめました。

あんパンにドーナツ、くまさんの甘いパンは最高。

カレーパンにピザパン、しろくまさんの辛いパンも最高。

 

おいしいパンはたちまち街の人気になりますが、ある日お客さんの「1番のおすすめは何?」という質問で2人は喧嘩に…。

自分のパンが1番だとどちらも譲りません。

とうとうお店もお休みになり、何とかしようと王様がやってきます。

 

王様が喜ぶパン作るため、動き出す2人。

できあがったのはどんなパン?

2人は仲直りできたのでしょうか。

 

くま好き・パン好き必見の、ほんわかした1冊です。

 

感想

 

白バックで文字とイラストがはっきりした表紙なので、パッと子供の心を掴んだようです。

どのページも四隅まで色が塗られていて、優しいタッチですがパンの色合いがリアルでどれもこれもおいしそう。

最初と最後に口ずさみやすいフレーズもあり、子供と楽しく読めました。

 

納得の解決方法で、子供にわかりやすく大切なことを教えてくれる絵本だと思いました。

 

どっちが1番!も大事だけれど、喧嘩しててもしょうがない。

協力すると新しい発見があるかもしれないよ。

おいしそうなパンを眺めながら、そんなことを感じてくれたらいいなと思います。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告