4歳

秋の行楽の一番人気、芋ほり!『いもいもほりほり』読んでみた。

 

秋と言えば、芋栗カボチャがおいしい季節。

中でも「芋ほり」をやったことのある子供たちは多いのではないでしょうか。

 

そんな時期にぴったりの、ユニークな作品があります。

つい口ずさみたくなる独特のリズムで読める、芋ほり絵本です。

 

いもいもほりほり

 


いもいも ほりほり (講談社の創作絵本)

カタカナ なし
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784061324794

 

どんな本?

 

ある日、ぶたの3兄弟が空を眺めて寝転んでいると焼き芋そっくりの雲が現れます。

「焼き芋、食べたいな~…」

 

よし、芋ほりに行こう!

いもいもほりほり いもほりほり

 

元気な掛け声で畑に向かう3兄弟、畑に着くと早速土を掘ります。

でも、どこを掘ってもお芋は出てきません。

どうやら畑を間違えたようです。

 

そしてやっとの思いでやぎじいさんの芋畑に到着。

じろりとこちらを見るやぎじいさんを前に、なかなか言い出せずもじもじする3兄弟。

このあと、無事に焼き芋を食べることはできたのでしょうか。

 

泥だらけで芋ほりする3兄弟の姿と、様々な形のサツマイモが秋にピッタリ。

3歳頃からおすすめの芋ほり絵本です。

 

感想

 

愛嬌のあるキャラクターばかりで、芋ほりの楽しい雰囲気が伝わる絵本です。

何と言っても途中の掛け声が良いです。

「いもいもほりほり いもほりほり」

 

読み聞かせの途中で出てくると、「せーの!」

と言って一緒に歌って読みました。

幼稚園児の娘はとても楽しそうですし、読んでいるこちらまで楽しくなるリズムです。

 

今回、ぶたの3兄弟がやぎじいさんを前に「芋ほりがしたい」となかなか言い出せずもじもじしているシーンで娘が「なんでもじもじするの?」と不思議そうに言いました。

なので、じろりとこちらを見てくる人に「ねぇねぇ!」って話しかけやすい?とイメージしてもらい、納得した様子。

「もじもじする」の意味が曖昧だったようですが、絵本のおかげで伝えることができました。

 

さつまいもも色んな形が出てくるので楽しめます。

大きくても小さくても、自分で掘ったお芋って特別ですよね。

 

さつまいもはどこになっているの?

どんな風に収穫するの?

実際に芋ほり体験を取り入れる保育園・幼稚園がたくさんあるのは、子供たちにとって学びがたくさんあるからだと思います。

 

おうちで雰囲気を楽しむのはもちろん、芋ほり体験の前後にぜひ読みたい絵本です。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告