3歳

みんながハッピーになる名作クリスマス絵本『おおきいツリー・ちいさいツリー』読んでみた。

 

ハロウィンが終わると、一気に街もクリスマスモード。

子供たちの大好きな季節がやってきます。

 

クリスマスまで毎日ワクワクできるように、おうちで楽しめるクリスマス絵本をたくさん揃えました。

今回は、その中でもみんながハッピーになる幸せ絵本をご紹介します。

 

おおきいツリー ちいさいツリー

 


おおきいツリー ちいさいツリー

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784477011417

 

どんな本?

 

もうすぐクリスマス。

ウィロビーさんのお屋敷にも、大きなツリーがやってきました。

 

早速飾ってみると、先っぽが天井にあたりへにょんと曲がってしまいました。

そう、ツリーが大きすぎたのです。

 

仕方がないので先っぽをちょん切る執事。

そして、その先っぽをお手伝いさんにプレゼントします。

 

喜んで小さなツリーを飾るお手伝いさん。

すると、ちょうど飾る場所の天井にツリーの先が当たり、へにょんと曲がってしまいます。

 

仕方がないので先っぽをちょん切るお手伝いさん。

そして、その先っぽはごみとして捨ててしまいます。

 

そこを通りかかった庭師、小さなツリーを見つけて大喜び。

家に持って帰り…

 

こんな風に、ちょきんと切られたツリーの先っぽが思いがけずたくさんの人を幸せにするという連鎖物語。

人間も、動物も、ツリーがそこにあるだけで幸せになれるのがクリスマス。

登場するみんなが幸せになる、ハッピーエンドの物語です。

 

感想

 

原作は1963年に出版され、今でも愛されるロングセラー作品。

外国らしくて可愛いイラストも人気です。

 

ツリーの先っぽを切る→小さなツリーが出来上がる→誰かがそのツリーを喜ぶ→ツリーの先っぽを切る

という流れが繰り返されるだけなのですが、ツリーを喜ぶ登場キャラクターそれぞれの暮らしぶりやツリーの楽しみ方が楽しいお話。

 

4歳娘は一度読むとすぐに気に入り、クリスマス絵本の中で特にお気に入りの1冊です。

自分にとって不要でもそれが誰かの幸せにつながるなんて、読んでいるこちらまで幸せな気持ちになります。

 

アメリカで長く愛されてきた、かわいらしいクリスマス・ストーリー。

いろいろな動物が登場するくりかえしの展開で、子供への読み聞かせにぴったりです。

 

日本語版
ロバート・バリー(作) 光吉 夏弥(訳)/大日本図書

 

英語版

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告