0歳

コールデコットオナー賞!電車好きにおすすめの英語絵本『Freight Train』読んでみた。

 

アメリカで最も権威ある児童文学賞と言われている、コールデコット賞

そのコールデコット賞でオナー賞をとった作品を読みました。

 

Freight Train貨物列車のこと。

電車好きさんにおすすめの絵本ですが、「色」を学ぶこともできるので英語学習にもぴったり。

疾走感あふれる1冊をご紹介します。

 

Freight Train

 


Freight Train Board Book (Caldecott Collection)

カタカナ
漢字
ページ数 24ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 0歳

ISBNコード:9780688801656

 

どんな本?

 

1978年に出版され、「30年以上前の絵本と思えないくらいオシャレ!」と言われる絵本。

 

表紙をめくると線路が現れ、次のページにも線路。

そしてその線路をたどるようにページをめくると、カラフルな貨物車両が登場します。

 

Red caboose

Orange tank car

Yellow hopper car…

 

それぞれ違う色の車両がつながり、ページをめくっていくとおなじみの黒い先頭車両が現れ、貨物車両は走り出します。

 

トンネルを抜けて…

街を通り…

鉄橋を渡り…

 

英文はほとんど単語のみでとてもシンプル。

色を覚えたり、簡単な単語を覚えるきっかけにぴったりです。

 

"Moving."と書かれたページから、本当に走っているような疾走感を感じるイラスト。

ラストの"gone."のイラストにも注目です。

 

感想

 

英語初心者の我が子にちょうど良い、読みやすい絵本でした。

そしてイラストがシンプルでオシャレ、30年以上前の絵本と知ってびっくりです!

 

カラフルな貨物列車は、Red,Orange,Yellow…と色の単語を覚えるのにぴったり。

caboose,tank carなど貨物車両の名前がきちんとついているのも、イラストを見ながら覚えられるので列車好きには嬉しいですね。

 

この絵本は疾走感があると評判ですが、走るとその残像で色が少し混ざり合うような見え方になるんです。娘も、走っているように見えるそう。

平面の絵なのに走っているように感じられ、子供も飽きずに読めました。

 

日本語版ではこの色の部分が

Green=くさいろ

Purple=スミレいろ

など、風情をかんじるような訳になっているのが素敵。

シンプルに色の単語を覚えたい場合は英語版がおすすめです。

 

英語版

 

日本語版

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間300冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューではできるだけ『英語版・日本語版』の両方リンクを貼れるよう探しています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告