お菓子

もしもムースにマフィンをあげると『IF YOU GIVE A MOOSE A MUFFIN』読んでみた

 

先日、アメリカのベストセラー絵本『IF YOU GIVE A MOUSE A COOKIE』を読みました。

もしもねずみにクッキーをあげたら『IF YOU GIVE A MOUSE A COOKIE』英語絵本を読んだあらすじと感想。ifとwhenの使い分けがわかる!まるで子供のように次々と欲しがるねずみと男の子の関係は親子を見ているよう。親近感がいっぱいのアメリカ名作絵本をご紹介します。...

 

アニメ化されているくらい大人気の作品で、日本でも『もしもねずみにクッキーをあげたら』というタイトルで翻訳出版されています。(現在この絵本は廃盤で、オークションなどでないと手に入りません。持っている方はとても貴重なのでぜひ大切にしてくださいね。)

 

今回ご紹介するのは、その『もしも…』シリーズ第2弾。

おいしそうなマフィンとインパクト大のムースが目印の絵本です。

 

IF YOU GIVE A MOOSE A MUFFIN

 


If You Give a Moose a Muffin (If You Give...)

 

どんな本?

 

マフィンを焼くおいしそうなにおいにつられて、1匹のムースがやってきます。

そして男の子がマフィンを差し出してお話スタート。

 

If you give a moose a muffin,

もしもムースにマフィンをあげたら…

 

ムースは、ジャムをほしがるだろう。

もしムースにジャムをあげたら…

ムースは、おかわりをほしがるだろう。

もしおかわりがなくなったら…

 

このように、「もし〇〇したら~…」と連想ゲームのように進んでいくお話。

次から次へと浮かんでくるムースの思いつきに、じっと付き合う男の子。

なんだか仲のいい兄弟のようです。

 

この絵本では、ifとwhenの使い分けが勉強できます。

(ifはどうなるかわからないとき、whenはほぼそうなることが確定しているとき)

 

最後、またムースにマフィンをあげる流れになり、最初のページに戻ってエンドレスになるのがこのシリーズの特徴。

第1弾のねずみと比べると大きなムースの動きはインパクトがあって、違ったおもしろさを楽しめます。

 

感想

 

第1弾のねずみとクッキーがおもしろかったので、他のシリーズも読んでみることに。

動物とお菓子の組み合わせなので、英語絵本ですが娘も興味を示してくれました。

 

1ページに2行くらいの英文で、1,2箇所わからない単語("chilly"=肌寒い、"scenery"=風景)がありましたがそこは絵本の良さ。イラストを見て意味を想像することができました。

 

「次は何が起こるの?」と思いもしない展開に大人の私もワクワク。

日本でもアメリカでも、子供たちに人気の理由がわかります。

 

英語版
Laura Joffe Numeroff ILLUSTRATED BY Felicia Bond
カタカナ
漢字
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9780060244057

 

日本語版
ローラ・ジョフィ ニューメロフ (著), フェリシア ボンド (イラスト), 青山 南 (翻訳)

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告