しかけ絵本

0歳から楽しめるしかけ英語絵本!『WIGGLE!』を読んだ内容と感想

 

幼稚園児の娘は、しかけ絵本が大好きです。

めくったり、飛び出てきたり…ただ読むだけでなく、絵本がおもちゃのような存在になるみたいです。

 

そんな娘が飛びついたのは、おそらく赤ちゃん向けの絵本。

ついつい指を入れたくなってしまう、穴のあいた絵本をご紹介します。

 

WIGGLE!

 


Wiggle!

 

どんな本?

 

上の画像の、ロボットの鼻の部分。

実はここ、穴があいているんです。

裏側から指を入れると、ロボットの鼻がにょきっと現れるしかけ。

 

ページをめくっていくと、色々な動物が登場します。

そして、穴はその都度違うものに変身するんです。

 

ある時は猫のtail(=しっぽ)

ある時は象のtrunk(=鼻)

あるときはペンギンのbeak(=くちばし)

 

タイトルの"wiggle"は、くねくね動くという意味。

指を使えば色んな動物が動き出す、赤ちゃんから楽しめる英語絵本です。

 

感想

 

娘が気に入った絵本ですが、下の息子にも読んでみるとやっぱり楽しいようでずっと指をつついてきます。

小さい子供は、動くものが大好きですね!

 

英文は全てワンセンテンス(一文)、どのページも背景と動物がはっきりした色で描かれているので赤ちゃんにぴったりだと思います。

実際、1歳ちょうどの息子はこの絵本がすっかりお気に入り。

ボードブックなので破く心配がないのも嬉しいです。

 

今は私が読んでいますが、このくらいの文章であれば幼稚園児の娘は覚えられそう。

今度はお姉ちゃんが弟に読んであげられるように、練習してみようと思います。

 

英語版
Taro Gomi
カタカナ
漢字
ページ数 17ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 0歳

ISBNコード:9781452108360

 

日本語版

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間300冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューではできるだけ『英語版・日本語版』の両方リンクを貼れるよう探しています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告