ねずみ

もしもねずみにクッキーをあげたら『IF YOU GIVE A MOUSE A COOKIE』英語絵本を読んだあらすじと感想。

 

本屋さんに行くたびに目にして、「すごい有名なのに読んだことないなー…」と思っていた絵本、ついに読みました!

 

今回ご紹介するのは、おいしそうなチョコチップクッキーが目印の絵本。

amazon primeでもアニメ化されている人気作です。

アメリカでほとんどの子供が知っている名作絵本なので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

 

IF YOU GIVE A MOUSE A COOKIE

 


If You Give a Mouse a Cookie (If You Give...) [並行輸入品]

 

どんな本?

 

男の子が、1匹のねずみに出会います。

そして手に持っていたクッキーを差し出してお話スタート。

 

If you give a mouse a cookie…

もしもねずみにクッキーをあげたら…

 

ねずみは、ミルクをほしがるだろう。

もしねずみにミルクをあげたら…

ねずみは、ストローをほしがるだろう。

もしねずみがミルクを飲み終わったら…

 

このように、「もし〇〇したら~…」と連想ゲームのように進んでいくお話。

やりたい放題のねずみと淡々と対応する男の子が、まるで親子のよう。

 

英文では、ifとwhenの使い分けが勉強できます。

 

最後にまたねずみにクッキーをあげる流れになり、最初のページに戻ってエンドレスになるこの絵本。

読み終わってから、もし〇〇だったら…?と連想ゲームを楽しめます。

 

感想

 

どこの英語絵本コーナーでもこの作品を見るので、とても気になっていました。

動物とお菓子の組み合わせ、娘も興味を示してくれて今回読んでみることに。

 

英文の量はそこまで多くなく、出てくる単語もrefrigerator(冷蔵庫)やscotch tape(セロハンテープ)など日常的なので子供におすすめの理由がわかりました。

 

連想ゲームのように続くので、英文もだいたい想像がつき訳しやすかったです。

ifとwhen両方が使われていて、使い分けが勉強になりました。

(ifはどうなるかわからないとき、whenはほぼそうなることが確定しているとき)

 

この絵本をきっかけに、娘とAmazon Primeのアニメも見るように。

 

 

毎回事件が起こるねずみと仲間たち、他のシリーズ絵本もぜひ読んでみようと思います。

 

英語版
Laura Joffe Numeroff ILLUSTRATED BY Felicia Bond
カタカナ
漢字
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9780060245863

 

日本語版
ローラ・ジョフィ ニューメロフ (著), フェリシア ボンド (イラスト), 青山 南 (翻訳)

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告