5歳

関西弁絵本マンマルさんの原作『CIRCLE』読んでみた。

 

以前、娘ととてもおもしろい英語絵本を読みました。

それがこちら、『TRIANGLE』。

英語で形を覚えよう!サンカクとシカクのお話。子供でもわかる基本的な単語が主となって登場する、シンプルでおもしろい絵本の紹介です。...

 

今回は、その形シリーズから丸がメインのお話を読みました。

ちょっぴりホラー?な展開にドキドキ。

△□○シリーズの完結編です。

 

CIRCLE

 


Circle

カタカナ
漢字
ページ数 44ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 5歳

ISBNコード:9781406390377

 

どんな本?

 

○、△、□の3人は、滝の前でかくれんぼをすることにしました。

ルールは、「滝の奥には絶対に行かない」ということ。

 

"Ready or not, here I come !"

 

鬼になった○さんが10数え終わると、目の前に□さん。

「△、滝の奥に行っちゃったよ。」

 

はぁ…。

〇さんは、しょうがなく△さんを探しに行きます。

そして滝の奥で、とんでもない事件が起こったのです。

 

 

「意味がわかるとちょっと怖い話」のような、ちょっとドキッとする展開。

…あなたはいつから気付いていましたか?

 

感想

 

第1弾の『TRIANGLE』がおもしろかったので、他のシリーズも読んでみることに。

ただ真っ黒な形に目があるだけのキャラクターですが、わかりやすいのか娘も気に入っています。

 

英文はまぁまぁ量がありますが、会話が多く易しい単語ばかり。

娘は前回読んだ『TRIANGLE』で形の英語を覚えて、今回『CIRCLE』を読んだ時には〇△□をしっかり覚えていて成長を感じました。

 

ただ、今回私がわからなかったのが"Neat!"。

○さんがしゃべったあとに2人が返事をするのですが、□さんは"OK."、△さんが"Neat!"と言うのです。

 

「Neat=きちんとした」というのは知っていたのですが、調べてみるとスラング(話し言葉)として「いいね!」という意味があるそうです。

 

使いやすい言葉なので、幼稚園児の娘にも覚えました。

こういう話し言葉を学べるのは、英語絵本の良さですね。

 

ちなみにこの絵本シリーズ、先ほどYouTubeを貼った長谷川さんが日本語訳していらっしゃいます。

それが全て関西弁で訳されていて、独特の世界観に雰囲気ぴったり。

日本語訳版もとてもおすすめの絵本です。

 

英語版
Mac Barnett & Jon Klassen

 

日本語版
マック・バーネット (著), ジョン・クラッセン (イラスト), 長谷川義史 (翻訳)

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間300冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューではできるだけ『英語版・日本語版』の両方リンクを貼れるよう探しています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告