英語で形を覚えよう!サンカクとシカクのお話。

 

今回は、形を覚えるきっかけになる英語絵本をご紹介します。

 

丸、四角、三角を覚えてきた娘に「triangleの本があるよ」と見せると、読んでみる!と興味津々。

 

こちらの絵本、日本語版が大人気なのでぜひそちらもご覧になってみてください。

シンプルで淡々とした雰囲気で、形を題材としたおもしろいお話にも注目です。

 

TRIANGLE

 


Triangle (Shape Trilogy)

 

どんな本?

 

三角のおうちに住む、サンカクさん。ある日シカクさんのおうちに行きます。

 

”HISS!"(蛇の鳴き声)と蛇のマネをしてシカクさんを驚かすと、蛇が苦手なシカクさんはパニック。

 

犯人が誰かわかったシカクさんは、今度はサンカクさんを家まで追いかけます。

実は意外な弱点があったサンカクさん、このあとシカクさんに仕返しされてしまいます。

 

形にも着目した、思わぬ弱点に注目の一冊です。

 

感想

 

ほとんど白と黒で構成されているシンプルな画面の絵本ですが、目しか描かれていないはずのサンカクさんとシカクさんの表情が想像できるようなストーリー展開で大人でもおもしろく読めました。

 

”HISS!"など初めて聞く単語もありここがわからないと話がわからないという部分なので調べながら読みましたが、話はシンプルなので問題なく子供に説明できました。

絵がシンプルだからこそ、いたずらをし合う『triangle』『square』や、『big』『medium』『small』という大きさの表現が子供に伝わりやすいと思いました。

 

こちらの絵本、日本語訳されているのですが「関西弁」で書かれていて、それがすごく雰囲気に合っていておすすめなので気になる方はぜひ日本語版もご覧になってみてください。

なんだかにくめないサンカクとシカク、男女ともにおすすめです。

 

英語版

 

カタカナ
漢字
ページ数 44ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

 

日本語版
マック・バーネット(文) ジョン・クラッセン(絵), 長谷川 義史(訳)

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間300冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューではできるだけ『英語版・日本語版』の両方リンクを貼れるよう探しています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告