3歳

世界的に有名なウクライナ民話『てぶくろ』読んでみた。

 

私が子供の頃から有名な、世界的ロングセラー絵本があります。

冬になると思い出す動物たちの可愛らしいお話。

 

2022年のウクライナ情勢に心が痛み、自分にできることを探して人道支援募金をしました。

どうか一日中でも早く日常が戻りますように、この絵本を読みながらウクライナへ思いを馳せています。

 

てぶくろ

 


てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ)

カタカナ なし
漢字 あり(ルビなし)
ページ数 16ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784834000504

 

どんな本?

 

冬の森でおじいさんが落としたてぶくろ。

あるネズミがそれを見つけててぶくろに住み始めます。

 

しばらくすると、カエルがぴょんぴょんとやってきます。

「私はくいしんぼねずみ。あなたは?」

「私はぴょんぴょんガエル。私も入れて」

てぶくろの中は2匹になりました。

 

またしばらくすると、今度はウサギがやってきます。

「僕は早足うさぎ。一緒に入れてよ」

てぶくろの中は3匹になりました。

 

この後も、個性豊かな動物たちが次々とてぶくろに入って行きます。

全部で6匹の動物が入りぎゅうぎゅうになったところに、のっそりぐまがやってきて…!

 

小さなてぶくろは、一体どうなってしまうのでしょうか?

 

感想

 

キエフ美術研究所で学んだのち、キエフの出版所に勤めていた作者。

ライプツィヒ国際図書展銀メダル、ロシア連邦共和国人民芸術家賞など多数の賞を受賞しています。

 

この絵本は私が子供の頃から読んでいるので、ホッと安心します。

娘が3歳の頃、保育園で先生方が劇をしていたのもこの絵本です。

 

ルビなしの漢字が出てきますが、「二〜七」の漢数字のみ。

次々に動物が増えていくというわかりやすい内容なのもあり、読み聞かせも一人読みもしやすいと思います。

5歳娘はもともと七五三という言葉でこの3文字を覚えていたので、他の漢数字が出てきて嬉しそうに覚えていました。

 

くいしんぼねずみ、おしゃれぎつねなどそれぞれのキャッチフレーズも楽しい絵本。

世代を超えて語り合える名作です。

 

日本語版
エウゲーニー・M・ラチョフ(絵) うちだ りさこ(訳)/福音館書店

 

英語版

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告