4歳

世界中で愛される連想絵本『IF YOU GIVE A DOG A DONUT』読んでみた。

 

今回ご紹介するのは、世界中で大人気の絵本シリーズ。

アメリカのほとんどの子供が知っている名作絵本ですが、今回ご紹介する作品は日本語訳されていないようです。

If you giveシリーズがお好きな方は、ぜひ原書で楽しんでみてくださいね。

 

IF YOU GIVE A DOG A DONUT

 


If You Give a Dog a Donut (If You Give...)

カタカナ
漢字
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9780060245863

 

どんな本?

 

『If you give a mouse a cookie』でお馴染みの、人気シリーズ絵本。

もしもねずみにクッキーをあげたら『IF YOU GIVE A MOUSE A COOKIE』英語絵本を読んだあらすじと感想。ifとwhenの使い分けがわかる!まるで子供のように次々と欲しがるねずみと男の子の関係は親子を見ているよう。親近感がいっぱいのアメリカ名作絵本をご紹介します。...

日本でもいくつか翻訳されていて、現在廃盤でプレミア価格がついているのでお持ちの方はぜひ大切にしてくださいね。

今回ご紹介する『If You Give a Dog a Donut』は、日本語訳されていないようです。

 

男の子が、1匹の犬に出会います。

餌をほしがる犬にドーナツをあげてお話スタート。

 

If you give a dog a donut…

もしも犬にドーナツをあげたら…

 

犬は、りんごジュースを飲みながら食べたいと言うだろう。

もし犬にりんごジュースをあげたら…

犬は、もっと欲しいと言うだろう。

もしりんごジュースが空っぽだったら…

 

このように、「もし〇〇したら~…」と連想ゲームのように進んでいくお話。

やりたい放題の犬に対応する男の子が、まるで兄弟のよう。

 

イラストと連想するストーリーのおかげで、英語も訳しやすいはず。

最後にまた犬にドーナツをあげる流れになり、最初のページに戻ってエンドレスになるこの絵本。

読み終わってから、もし〇〇だったら…?と連想ゲームを楽しめます。

 

感想

 

『If you give a mouse a cookie』を読んでから、娘がこのシリーズにハマり次々と読み進めています。

いつも動物とお菓子の組み合わせで、今度はどんな動物が何を食べるんだろう?とワクワクします。

 

英文の量はそこまで多くなく、連想ゲームのように続くのでだいたいの英文の想像がつき訳しやすかったです。

こちらもifとwhen両方が使われていて、使い分けが勉強になりました。

(ifはどうなるかわからないとき、whenはほぼそうなることが確定しているとき)

他の作品より「If you~」の文章が少ない気がしますが、その代わり「Then」「He’ll」など色々な文章の始まり方があるのでたくさん英文を訳したい方におすすめです。

 

英語版
Laura Joffe Numeroff ILLUSTRATED BY Felicia Bond

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告