ねずみ

プイプイモルカーが絵本になった!『PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい? 』内容と感想

 

その可愛さで人々を虜にした、PUI PUI モルカー。

 

テレビ放送が終わった今もなお、

まだやっている気がする…
今日は13話だ…(モルカーは12話で終了)

とテレビをつけてしまう人が続出するほど、モルカーの癒しを求める声が多くあります。

 

そんなモルカー、絵本が出たのを知っていますか?

2021年4月13日に発売されたばかりの、ストーリーブックをご紹介します。

 

PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?

 


PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい? (PUI PUIモルカーストーリーブック 1)

 

どんな本?

 

テレビ東京系にて毎週火曜日に放送されていたショートアニメ、PUI PUI モルカーが本になった!

待望のストーリーブック1冊目です。

 

そもそも、モルカーはセリフのない映像作品。

せいぜい聞こえるのは「プイプイプイ!!!!」くらいです。

 

 

 

そんな作品を、文字と映像写真で絵本にしたのが本作。

サイレンの音を「プイン プオン プイン プオン」と表現するなど、モルカーらしさをそのまま残しているのが素敵。

 

寝る前にテレビは抵抗感がある方も、絵本なら気軽に楽しめます。

 

感想

 

セリフのない作品をどうやって絵本に!?

と興味津々でしたが、読み始めてすぐモルカーの世界に入り込み、モルカー大好きな子供と楽しく読みました。

 

お話はきちんと文章になっていますし、ちゃんと「プイー!」も書かれています。

モルカーの世界観をそのままに、違和感なく本にしていてすごいなぁと思いました。

 

お子様だけでなく、モルカーが恋しいすべての人におすすめの第1巻。

これでいつでもモルカーが楽しめますよ。

プイプイ!!プイプイプイ!!!

見里朝希(ミサトトモキ) (監修), シンエイ動画(シンエイドウガ) (監修)
カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ B5くらい
おすすめ月齢 2歳

ISBNコード:9784577049808

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告