3歳

シャリシャリ聞こえる韓国絵本『すいかのプール』読んでみた。

 

いよいよ夏休み!

今年(2021年)はおうち時間が増えることもあり、子供の夏休み気分を盛り上げるための絵本をたくさん揃えました。

 

今回は、その中でも夢のような世界が広がる1冊をご紹介します。

 

すいかのプール

 


すいかのプール

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 あり(ルビあり)
ページ数 53ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784001126747

 

どんな本?

 

リアルなすいかのイラストと、空想世界の融合が楽しい夏絵本。

韓国で生まれた作品が日本語訳されたものです。

 

夏の日差しに照らされて、すっかり熟したすいか。

パカッと半分に割れると、そこは広い広いすいかプールに変身します。

 

まずは畑仕事をするおじいさんが1番乗り、種をぽいと捨てると、その穴にスポッとハマってすいかプールを噛み締めます。

そしてプール開きを聞きつけた子供たちもやってきて、すいかのプールをサクサク走り回ります。

集まった人たちがすいかをぴちゃぴちゃ踏みしめると、そこにはすいかジュースが溜まり…

 

サクサク、シャリシャリ、ぴちゃぴちゃ、絵本を読むだけで本当に聞こえてくるような瑞々しいすいかの音。

細かく描きこまれたイラストも相まって、ジューシーなすいかを食べたくなる1冊です。

 

雲屋さんがあまぐもシャワーとくもパラソルを売りに来たり、すいかの皮で作った滑り台を作ったり、夢のようなアイデアがたくさん詰まったすいかプールの世界。

子供たちだけでなくおじいさんおばあさんもすいかプールを満喫している姿に、ほっこり心が温まります。

 

感想

 

表紙にバーンと広がるすいかプールがインパクト大。

とても開放的な絵本でした。

 

韓国の絵本は初めて読みましたが、子供の名前が「ヨンス、ジニ」という以外は全く違和感がありません。

途中の雲屋さんも、こんな発想があったかー!と驚くような楽しさ。

大人でもワクワクするので、子供が感じるワクワクはどれほどだろうと思います。

 

年中の娘もこの絵本が大好きで、一人読みでもこの本を選んでいます。

特にすいかの皮で作った滑り台がお気に入りで、「娘もこれやりたい!」と大興奮。

子供たちもおばあさんも、本当に楽しそうです。

 

絵本の最後、みんなが帰ると誰もいなくなったすいかプールの上にヒラヒラと落ち葉が…。

黄色いイチョウや赤いカエデの葉が、次の季節を感じさせるので夏の終わりに読むのにぴったりでした。

 

とにかく夏を楽しんでいる、そんな雰囲気を感じる絵本。

また来年のプール開きも楽しみです。

日本語版
アンニョン・タル(作) 斎藤 真理子(訳)

 

韓国語版
ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告