1歳

赤ちゃんもマネできる繰り返し絵本『うわーっ』読んでみた。

 

娘が赤ちゃんの時から読んでいる絵本に、まつおかたつひでさんの『ぴょーん』があります。

繰り返し絵本なので、子供がすぐに覚えて楽しんでくれるのです。

 

今回は、それと同じ絵本シリーズの中から「驚き」がテーマの1冊をご紹介します。

縦にめくるタイプの珍しい絵本です。

 

うわーっ

 


うわーっ (はじめてのぼうけん)

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 36ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 1歳

ISBNコード:9784591118344

 

どんな本?

 

表紙をめくると、早速始まる絵本。

最初に書かれているのは、「かえるが…う!」

 

そして次のページをめくると…

「うわーあ!!!」

驚きの声と共に、上ページまで飛び上がるかえるのイラスト。

足元には、ヘビです。

 

次のページでは、ねずみが…う!

次のページで飛び上がるねずみの足元では、ねこが睨みをきかせています。

 

このように、女の子、犬、おたまじゃくしと様々な生き物が次々とびっくりしていく絵本。

天敵を怖がる「うわー!」や、単にびっくりして飛び上がる「うわぁー!!!」など、同じ「うわー」でもシチュエーションが様々楽しめます。

繰り返しの構成で、1歳頃からマネできる小さなお子様にもおすすめの絵本です。

 

感想

 

ポプラ社の「はじめてのぼうけんシリーズ」では、『ぴょーん』を娘があかちゃんの頃から読んでいましたが成長して4歳になった今、再びブームがきています。

『あしあと』や『しりとり』など立て続けに読んでいて、今回は『うわーっ』です。

 

子供がこの絵本にハマるポイントは、繰り返しなので絵本の内容がわかりやすいこと。

何回も繰り返す言葉って、子供はすぐに覚えてマネしますよね。

幼稚園娘の1人読みとしては簡単すぎるくらい文章はシンプルですが、その分「うわーっ」の言い方を色々変えてみたり、声色を変えてみたりと楽しめました。

 

デフォルメされた可愛らしいイラストばかりと思いきや、最後にママがびっくりしている足元には…!

リアルすぎて私もうわーっ!

 

「はじめてのぼうけんシリーズ」はどの作品も繰り返しが多いので、子供がハマりやすいと思います。

わが家は上の子が幼稚園児ですが、大喜びで読んでいます。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告