3歳

ハロウィンとお月見が一緒に楽しめる絵本『まじょまつりにいこう』読んでみた。

 

10月と言えば、ハロウィン。

皆さんはハロウィンと聞いて、何を思い浮かべますか?

 

今回は、『ねないこだれだ』や『めがねうさぎ』で有名なせなけいこ先生の秋にぴったりの絵本をご紹介します。

魔女たちが集まる「魔女祭り」のお話です。

 

まじょまつりにいこう

 


まじょまつりにいこう (せなけいこのえ・ほ・ん)

カタカナ なし
漢字 なし
ページ数 30ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9784591098967

 

どんな本?

 

今夜は、山の魔女のおまつり。

ねこしか招待されない特別なおまつりですが、それを聞いたうさぎが「ぼくも行きたい!!」と泣き出してしまいます。

 

そこでねこたちは考えました。

そうだ、ねこの変装をさせて連れていこう!

 

長い耳を束ね、帽子をかぶり、ひげとしっぽを付けたら…

白猫の完成!

 

魔女のほうきに乗せてもらい、いよいよ魔女祭りに参加します。

うさぎは、このままバレずにおまつりを楽しむことができるのでしょうか。

 

光沢があり表面に少し凹凸のある紙質が、めくり心地の良い絵本です。

ここまでのお話ではお月見要素がありませんが、このあとお月さまとうさぎが大活躍します。

 

ハラハラドキドキ、秋の季節感がたっぷり詰まった1冊です。

 

感想

 

魔女がちゃんと吊り上がった目をしていて、見つかったらどうしよう…というドキドキ感を増してくれました。

でも怖すぎるわけではなく、幼稚園の娘もドキドキしながら楽しんで読めました。

 

せなさんの絵本は紙を切り貼りして作られていますが、驚いた顔やおーいと呼んでいるような顔、どのキャラクターも表情豊かで紙で作られているのが信じられません。

中でも、魔女祭りで魔女たちが囲んでいる大きな焚火、オレンジと赤が混ざったような色がとても印象に残りました。

 

最後、うさぎからの手書きのお手紙に優しい気持ちになれる絵本です。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告