4歳

ぐりとぐらで英語学習!『ぐりとぐらのおきゃくさま A Surprise Visitor』CD付き英語絵本を読んだ内容と感想。

 

ぼくらのなまえはぐりとぐら。

自分が子供の頃から読んでいる絵本を、子供に読み聞かせるのってすごいですよね。

ぐりとぐらシリーズ、知らない人はいない日本の名作絵本です。

 

今回は、そんなぐりとぐらの絵本を英語CD付きで読んでみました。

クリスマス時期に読みたい、ドキドキワクワクするお話をご紹介します。

 

ぐりとぐらのおきゃくさま A Surprise Visitor

 


ぐりとぐらのおきゃくさま-A Surprise Visitor (CDと絵本)

 

どんな本?

 

ある日、雪の中に大きな足跡を発見したぐりとぐら。

気になって辿ってみると…なんと自分たちの家に着きました!

 

見知らぬブーツ、赤いコート、白いマフラー、赤い帽子、そして大きな白い袋。

一体誰だろう。

 

なんだかちょっと怖いなぁ…でもこのお洋服ってもしかして…?

 

その時、キッチンからケーキの焼けるいい香りがしてきます。

2匹が見に行くとそこにいたのはやっぱり!

クリスマスに大忙しのあの人でした。

 

出てくるケーキ、最後のパーティー、どれも夢のような世界が広がります。

CDでは、英語を1文読むとそのあとに日本語、英語を1文読むとまた日本語…というように進んでいくので、英語がわからなくてもお話についていくことが可能。

音楽や、歌が入っていて楽しめる工夫がいっぱいです。

 

感想

 

ぐりとぐらは幼児絵本としてはお話が長い方だと思うので、英語CD付で無理せず挑戦してみました。

本自体は全て英語ですがCDに日本語も入っているのと、最後に「英語→日本語」と1文ずつ訳が載っているのですごくわかりやすかったです。

CDを使わない場合も、よく使う単語が多く英文が比較的簡単なのと、最後のページ以外すべて会話形式なのでそこまで難しくないと思います。

 

娘は普段読む絵本よりちょっとだけ長く感じたようですが、

誰の足跡だろう…

靴とコートと帽子…どこかで見たことある…

と、色々考えながら読めるので最後まで飽きずに読み終えました。

 

CDは淡々と読むのではなく、音楽や、途中で歌も入っています。

めくるタイミングの合図がないので、耳で聞いて見ているページのお話と合っているかな?と考える練習になりました。

 

日本語でも人気のお話ですが、やっぱりこのケーキはおいしそう!

ただのショートケーキじゃないんです。

こんなケーキでパーティする姿を見たら、クリスマス気分を盛り上げてくれるに違いありません。

 

\こちらから購入できます/

英語版
Original Story by Rieko Nakagawa Illustrated by Yuriko Yamawaki English Version by Labo Teaching Information Center

 

カタカナ
漢字
ページ数 27ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBN:9784898110195

 

日本語版
なかがわ りえこ (著), やまわき ゆりこ (イラスト)

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告