0歳

あけたくなっちゃう箱いっぱいの絵本『はこ』読んでみた。

 

小さい子は、色んなところを開けるのが大好き。

そんな子供の好奇心に寄り添った人気絵本シリーズがあります。

 

赤ちゃん絵本に定評のある新井洋行さんが描く、あけて・あけてシリーズ。

今回は、身近な箱がいっぱい登場する1冊を紹介します。

 

あけて・あけてえほえん はこ

 


はこ (あけて・あけてえほん)

カタカナ なし
漢字 なし
ページ数 18ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 1歳

ISBNコード:9784031028004

 

どんな本?

 

おもちゃばこさーん、みんなでておいでー

 

はーい!

 

ぱかっ

 

ケーキのはこさーん、みんなでておいでー

 

はーい!

 

ぱかっ

 

身の回りの箱が、次々と呼ばれます。

ぱかっと開くと、中のおもちゃやケーキがたくさん登場。

お返事だけでなく、ぱくっと食べたり物の名前を覚える練習にもぴったりです。

 

しっかりしたボードブックで、0歳の赤ちゃんから安心して使えますよ。

 

感想

 

娘が1歳の弟に、と選んでくれた絵本。

以前同シリーズを読んだところ息子がとても気に入り、他のシリーズもきっと気に入るだろうとのこと。

赤ちゃんに人気のあけてあけてえほん『おふろ』読んでみた。赤ちゃん絵本に定評のある新井洋行さんの人気絵本、あけて・あけてえほんシリーズから音も楽しい1冊を読みました。内容、対象年齢、感想などをご紹介します。...
何回でも楽しめるやりとり絵本『れいぞうこ』読んでみた。0歳1歳に大人気の絵本、数あるシリーズの中から食べものいっぱいの1冊を読みました。なぜみんなハマるのか?子供が気に入る秘密を紹介します。...

 

シリーズということもあり、「呼ぶ→お返事する」というパターンは同じ。

1歳息子は本を見ただけで大喜びし、おどうぐばこさーん!と呼ぶと手まであげて元気に「あーい!」と言ってくれました。(おどうぐばこはわかっていませんが…)

 

他のシリーズでは色んな擬音が出てくるのですが、こちらは「ぱかっ」「はーい!」と全て同じ言葉で構成されているので箱から飛び出すアイテムの違いがより楽しめるかと思います。

どれもカラフルなので、1歳息子も興味津々。

特にケーキの箱、お弁当箱は食べ物がたくさん出てくるので「あーむ!」と食べるマネまでして満足そうでした。

 

出版社公式では1歳~となっていますが、呼びかけのみのシンプルな内容なので読むだけであれば0歳のお子様でも問題なく楽しめそう。

お返事の繰り返しと最後は「いただきます」に繋がるので、基本の挨拶練習にはぴったりです。

 

あけて・あけてシリーズは他の作品も人気なので、お子様のお気に入りを見つけてぜひやりとりを楽しんでみてくださいね。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告