5歳

お話の中でクイズも楽しめる福音館書店の絵本『ねこぶたニョッキのおつかい』読んでみた。

 

子供が5,6歳になってくると、少し長いお話を読めるようになってきます。

でも、その時心配なのが途中で飽きてしまうこと。

 

そこでおすすめなのが、今回紹介する絵本。

おもしろい言葉と途中のクイズで子供が大盛り上がり、何度も読まされる1冊です。

 

ねこぶたニョッキのおつかい

 

『ねこぶたニョッキのおつかい』
古山浩一/福音館書店

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 5歳

ISBNコード:-

 

どんな本?

 

アラヨット山で仙人の修行をしているねこぶたのニョッキ。

今日は、師匠におつかいを頼まれました。

 

くものようにフワフワで、お口の中でポヨヨーンととろける”ホッペフワリンポヨヨーンパン”を買ってきてほしいとのこと。

でも、売っているポヨヨーン村はとんでもなく遠いところにあります。

 

しぶしぶ出かけるニョッキ。

ボマルッチョの町、ベスビオの門、カッペリーニの湖、ラザニア城の跡…

歩いて歩いて、やっと着いたパン屋さんでホッペフワリンポヨヨーンパンを3つ買うことができました。

 

しかしパン屋のおじさんが言います。

「森の中には、恐ろしい化け物がいる。正体を見破れば逃げていくと言われているよ、気を付けてね。」

 

大事なホッペフワリンポヨヨーンパンを持って、ニョッキは森に向かいます。

果たしてニョッキは、師匠にホッペフワリンポヨヨーンパンを届けることができるのでしょうか?

 

この絵本は福音館書店の月刊購読誌『こどものとも』で出版されたもの。

文章量はありますが、キャッチ―でユニークな名前がたくさん登場し子供たちの心をつかみます。

 

「化け物の正体を見破る」という部分が、クイズ。

最初に出てきたのは「小さい頃はしっぽだけ、そのうち手と足が生え、大きくなったらしっぽが消える」という緑の化け物。

なんだかわかりますか?

 

こんな風に3つのクイズを解きながら読み進める楽しみがつまった1冊。

ホッペフワリンポヨヨーンパンが食べたくなっちゃう冒険物語です。

 

感想

 

こちらは2018年に福音館書店の定期購読絵本『こどものとも』で出版され、現在ネットでは入手が困難でリンクが見つかりませんでした。

ご興味のある方はぜひ図書館などでご覧になってみてください。

 

アラヨット山、ボマルッチョの町、そして何よりホッペフワリンポヨヨーンパン!

ついつい口にしたくなるおもしろい響きがたくさん登場し、1度読んだだけで5歳娘は「ホッペフワリンポヨヨーンパン♪」が口癖になってしまいました。

 

クイズは特徴を捉えた出題なのですが、簡単に書かれていないので私も少し考えました。

「わかったぞ!お前の正体は〇〇だ!」とニョッキのセリフに合わせて言う娘、答えがわかると目をキラキラさせて嬉しそうです。

 

独特のイラストは万年筆を使われているそう。

ホッペフワリンポヨヨーンパンがおいしそうで、私たち親子の頭から離れなくなりました。

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告