ねこ

シリーズ第8弾!不思議な夜を楽しむ絵本『チリとチリリ よるのおはなし』読んでみた。

 

2003年に出版されて以来、繊細なイラストとファンタジー要素あふれるストーリーが人気の「チリとチリリ」シリーズ。

記事執筆時点では8作目まで出版されています。

 

今回は、その最新作である8作目「よるのおはなし」を紹介します。

ネコ好きさん必見です。

 

チリとチリリ よるのおはなし

 


チリとチリリ よるのおはなし

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 35ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784752009849

 

どんな本?

 

森から聞こえるお囃子につられ、チリとチリリは自転車で夜の世界へお出かけします。

チリチリリ チリチリリ

あたりはすっかり暗くなりましたが、明りを発見。

行ってみると、そこは黒猫のドリンクスタンドでした。

 

2人に出してくれたのは、不思議なお月見ドリンク。

おいしくておかわりしているうちに、気付くと2人に耳やしっぽが…!

 

ねこに変身した2人、黒猫たちに連れられて森の満月祭りに参加します。

不思議な屋台、おいしい食べ物、最後に出てくる美しい花火。

色鉛筆の繊細さが際立つ、満月の夜のファンタジー物語です。

 

感想

 

先日こちらのシリーズ『チリとチリリゆきのひのおはなし』を読んだ娘が、すっかり気に入り他のお話も読みたい!と大興奮。

優しい雰囲気溢れるイラストの中に動物もたくさん登場するので、とても気に入って読んでいます。

 

チリとチリリは表紙の女の子の名前ですが、絵本の中で自転車の音としても登場します。

チリチリリ チリチリリ、つい口ずさみたくなる心地の良いリズムです。

 

「夜」というと子供にとっては少し怖くてドキドキする存在でもありますが、この絵本ではたくさんの動物たちに囲まれてとても楽しそう。

ぽうっと明るい光やねこたちのお祭りの様子に5歳娘も見入っていました。

 

今回、この暗い世界をイメージ通りに描くために作者のどい先生は今までと画材を変えたそうです。

こだわりのイラストは本当に繊細で穏やかな夜の雰囲気たっぷり。

娘は「これ色鉛筆で描いてるんでしょう?すごいね~!」と隅々まで眺めています。

 

最後に池を囲んで花火をするシーンがあるのですが、その時の水面にご注目。

あの猫も、その猫も、実は…!

 

「おやすみなさい」に繋がりやすい、素敵な夜のお話でした。

 

 

冬を楽しむ淡くて繊細な雪絵本『チリとチリリゆきのひのおはなし』読んでみた。ふわふわひんやりホッと一息…。冬の魅力がぎゅっと詰まったイラスト、チリとチリリシリーズから雪の日を楽しむ1冊を紹介します。...
色鉛筆が超繊細!雨の日のファンタジー絵本『チリとチリリあめのひのおはなし』読んでみた。2003年に1作目が誕生し、20年近く愛されるシリーズ絵本。見入ってしまうほど繊細なイラストで描かれた、梅雨にぴったりの雨の日絵本を紹介します。...
ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告