3歳

色鉛筆が超繊細!雨の日のファンタジー絵本『チリとチリリあめのひのおはなし』読んでみた。

 

6月といえば、梅雨。

雨が降ると厄介なことも増えるので、良いイメージがない方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、そんな雨の日を繊細な色鉛筆で美しく描いたファンタジー物語を紹介します。

おもしろいもの、いっぱい出てきますよ。

 

チリとチリリ あめのひのおはなし

 


チリとチリリあめのひのおはなし

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784752008996

 

どんな本?

 

くもり空の中、チリとチリリは自転車でお出かけします。

チリチリリ チリチリリ

思ったより早く雨が降ってきて慌てていると、雨の日だけオープンするお店を発見。

入ってみると、とても雰囲気の良い雨宿りカフェでした。

 

 

チリはレモンマーマレード入りきっかティー

チリリはあおりんごシロップいりはっかティー

 

綺麗な色の紅茶でホッと一休みすると、可愛いレインコートを買ってまた出発です。

さっきより激しくなった雨の中走っていると、突然ふわっと浮き上がり、雨がやんだかと思ったら…?

 

夢みたいな雨の日のファンタジー物語。

動物たちもたくさん登場する、淡く繊細な色鉛筆絵本です。

 

感想

 

先日こちらのシリーズ『チリとチリリゆきのひのおはなし』を読んだ娘が、すっかり気に入り他のお話も読みたい!と大興奮。

優しい雰囲気溢れるイラストの中に動物もたくさん登場するので、とても気に入って読んでいます。

 

チリとチリリは表紙の女の子の名前ですが、絵本の中で自転車の音としても登場します。

チリチリリ チリチリリ、つい口ずさみたくなる心地の良いリズムです。

 

普段雨というとつい「嫌だなぁ…」と思ってしまいますが、絵本の中で2人は一言もマイナスな言葉を発しません。

淡々とお散歩を楽しみ、夢みたいな世界が広がり、雨の日を気持ちよく楽しめる絵本でした。

 

線の1本1本までわかる繊細な色鉛筆画なので、全体的に淡い色合いで穏やかな気持ちになる作品だと思います。

わが家では5歳娘はもちろん、夫も絵の雰囲気が良いとお気に入りで娘と一緒に家族みんな癒されています。

 

こちらはシリーズ7作目、梅雨時期に特におすすめの1冊です。

 

 

冬を楽しむ淡くて繊細な雪絵本『チリとチリリゆきのひのおはなし』読んでみた。ふわふわひんやりホッと一息…。冬の魅力がぎゅっと詰まったイラスト、チリとチリリシリーズから雪の日を楽しむ1冊を紹介します。...
ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告