しかけ絵本

こんなに難しいの?大人も苦戦する『どこどこ?セブン 7いろんなくに』間違い探し読んだ内容と感想。

 

子供がまちがいさがしをしたがるので、本を探してみることに。

じっくり左右の絵を観察しまちがいを見つけることは、集中力や空間認識力を高めるのでどんどんやってもらいたいです。

 

そこで見つけたこちらの本、なんと英語も一緒に学べる優れもの。

空間認識力を高める!英語も知育もできちゃうおすすめ絵本。簡単すぎず難しすぎないバランスのとれたまちがいさがし絵本。文章は全て英訳されていて英語の勉強もできる優れものをご紹介します。...

 

今回子供が選んだのは、おいしそうなお菓子が目印の第7巻。

その他のシリーズも最後にリンクを貼りましたので、ぜひご覧ください。

 

どこどこ?セブン 7いろんなくに

 


どこどこ?セブン〈7〉いろんなくに

 

どんな本?

 

10冊以上シリーズが出ている大人気のまちがいさがし絵本の、第7弾。

タイトルの通り、各ページ7つのまちがいがあります。

 

どこどこセブンシリーズは、それぞれテーマが決まっています。

今回読んだ第7巻は『いろんなくに』がテーマで、「お菓子の国」「紙の国」など、ページごとにそのアイテムだけで作られた写真が。

そこから間違いを探します。

 

簡単に見つかる部分もありますが、かなり細かく見ないと気付かないところもあり難易度高め。

最後にヒントが書かれていますが、実はこの本、答えは載っていません。

 

ですが、よーく見ると必ず見つかるはず。

答えに頼らない子供のチャレンジ精神や達成感が期待できます。

 

この本のもうひとつのおすすめポイントは、各ページの短い文章に英訳が書かれていること。

まちがいさがし+英語が勉強できる、文句なしのシリーズです。

 

感想

 

幼稚園の娘とやっていますが、恐らく小学生向けで大人でもすぐには見つけ終わらないレベルの難易度。結構苦戦します。

 

全部見つけるまでに時間はかかるけれど、娘が諦めずに自分で見つけたときの

『あったーーー!!!!!』

は、本当に嬉しそうです。

 

第7巻は、表紙のスイーツが可愛くやる気になったようです。

細々したもので画面が作られているので一見難しいですが、簡単に見つかる部分もあるので『できた!』の気持ちを共有し、難しい部分はうまくサポートしながらできるだけ「自分でできた」と自信を持てるように楽しんでいます。

 

7巻
カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 29ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 5歳

 

1巻

 

男の子向け

 

 

女の子向け

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間300冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューではできるだけ『英語版・日本語版』の両方リンクを貼れるよう探しています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告