3歳

本物の木で作るクリスマスツリーの作り方!『クリスマスツリーをかざろう』読んでみた。

 

ハロウィンが終わると、一気に街もクリスマスモード。

子供たちの大好きな季節がやってきます。

 

クリスマスまで毎日ワクワクできるように、おうちで楽しめるクリスマス絵本をたくさん揃えました。

今回は、クリスマスツリーに焦点をあてた珍しい海外絵本をご紹介します。

 

クリスマスツリーをかざろう

 


クリスマスツリーをかざろう

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 34ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784776408703

 

どんな本?

 

本物の木を使ってクリスマスツリーを作っていくお話。

まずは木を選びます、モミ、マツ、トウヒ…それぞれ形が違う、どれにしよう?

 

お気に入りの木を買ったら、家に帰って根元をのこぎりで削ります。

そしてツリースタンドに立て、お水をたっぷりあげましょう。

 

今度は友達を呼んでみんなで飾り付け。

電飾を巻き付け、オーナメントをつるして…

 

さぁ、電気をつけたらできあがり!

どんなツリーが出来上がったのでしょうか?

 

温かみのあるカラフルなイラストと優しい文章で、クリスマスのワクワク楽しい気持ちが伝わる絵本。

本当のクリスマスツリーを知ることが出来ますよ。

 

感想

 

この絵本、実はシリーズになっていてハロウィンの巻を娘と読んでいます。

ジャックオランタンの意味、知ってる?『ハロウィンのかぼちゃをかざろう』読んでみた。本場海外の本格的ハロウィン絵本、キラキラ輝く文字が目をひきます。ジャック・オ・ランタンの意味とは?どうやって作るの?これを読めば、ハロウィンがもっと身近に。...

 

絵本専門店とおもちゃ屋さんを経営していた作者と、V&Aイラストレーションアウォードのベストイラストレーション賞を受賞したイラストレーターがタッグを組んだ作品で、読むだけでワクワクする雰囲気が魅力です。

私もJarvisさんのイラストが大好き。カラフルで温かみがあります。

 

アメリカでは本物のモミの木でツリーを作る家庭がたくさんあります。

日本に住んでいる娘には考えもつかないことなので、今回絵本でそれを知ることができてよかったです。

 

こちらの絵本はアメリカ在住の作者が作っているので、ツリーも海外らしく大ボリューム。

木の根元もツリースカートでしっかり飾り付けされています。

 

ハロウィンの巻もそうですが、そのイベント全体ではなくイベントのメインアイテム(ハロウィンの場合はジャック・オ・ランタン)を作る過程を描いているところが珍しく、他の絵本とは違った楽しみ方ができます。

ただ完成品を買ってきて飾る、ではなく自分で作ってみよう!と創作意欲をくすぐる絵本なので、ぜひお子様と楽しんでみて下さいね。

 

日本語
パトリシア・トート(文) ジャーヴィス(絵) なかがわ ちひろ(訳)/BL出版

 

英語
Patricia Toht(著) Jarvis(絵)

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告