4歳

ジャックオランタンの意味、知ってる?『ハロウィンのかぼちゃをかざろう』読んでみた。

 

夏が終わると、街が一気にハロウィン仕様になりますよね。

お菓子に仮装、ワクワクすることばかり。

 

そのハロウィンの主役でもあるジャックオランタンの絵本をご紹介します。

今年は、かぼちゃ選びから始めてみませんか?

 

ハロウィンのかぼちゃをかざろう

 


ハロウィンのかぼちゃをかざろう

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 36ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9784776409724

 

どんな本?

 

もともと子供の本専門書店とおもちゃ屋さんを経営していたアメリカ在住の作者と、『アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ』でV&Aイラストレーションアウォードのベストイラストレーション賞を受賞したイギリス在住のイラストレーターがタッグを組んだ作品。

アランの歯はでっかいぞこわーいぞ『ALAN'S BIG SCARY TEETH』読んでみた。尖った歯を自慢げに見せているワニのアラン。この絵本、ただの歯磨き絵本ではありません。ポップなイラストと心に響くストーリーで日本語版が小学校課題図書にも選ばれた人気作。幼稚園児の娘と原作を読んだ感想をご紹介します。...

本場海外でのハロウィンの過ごし方を知ることができる絵本です。

 

さぁ、ハロウィンがやってきました。

まずはかぼちゃ選びから始めましょう。

 

大きさ、色、形、様々なかぼちゃが売られています。

お気に入りのかぼちゃを見つけたら、お金を払って帰ります。

 

帰ったらまずかぼちゃを洗い、ピカピカに拭き上げます。

庭やベランダなど汚れても良い場所でやりましょうね。

 

次は道具を揃えて、いよいよ中身をくりぬきます!

 

ハロウィンに欠かせないジャック・オ・ランタン。

それをかぼちゃから手作りする方法が絵本になった1冊です。

 

手作りの方法と言っても

1.かぼちゃを買う
2.お金を払う
3.…

と味気なく書かれているわけではなく、カラフルなイラストとストーリーでしっかりと絵本になっています。

 

キラキラの表紙、ハロウィンの雰囲気満載のページ。

読めばきっとジャック・オ・ランタンを大切に感じることができる1冊です。

 

感想

 

「かぼちゃランタンの作り方が学べる…」というような説明文を読み、なんだか説明くさそうな絵本だなぁと思っていましたが全くそんなことはありませんでした。

ストーリーがあり、その中で自然に作り方を教えてくれます。

 

ハロウィンと言えばジャック・オ・ランタンですが、それを手作りしようという発想が全くなかった私。

同じく幼稚園の娘にとっても「飾り」「買うもの」というイメージだったので、本当はかぼちゃをくりぬいて、きちんと手順を踏んで作るということが伝わってよかったです。

 

また、ジャック・オ・ランタンを作る意味もわかりやすく記載されています。

この絵本を読んで、ハロウィンが益々身近で楽しいイベントになってくれたら嬉しいです。

 

日本語版
パトリシア・トート(作) ジャーヴィス(絵)/BL出版

 

英語版
Patricia Toht(著) Jarvis(イラスト)

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告