2歳

世界中の子供たちに人気のシリーズ絵本『ぜったいに あけちゃダメ?ラリーのクリスマス』読んでみた。

 

ハロウィンが終わると、一気に街もクリスマスモード。

子供たちの大好きな季節がやってきます。

 

クリスマスまで毎日ワクワクできるように、おうちで楽しめるクリスマス絵本をたくさん揃えました。

今回は、世界中の子供たちがハマる参加型絵本をご紹介します。

 

ぜったいにあけちゃダメ?ラリーのクリスマス

 


ぜったいに あけちゃダメ? ラリーのクリスマス (サンクチュアリ出版)

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 2歳

ISBNコード:9784801400818

 

どんな本?

 

表紙にいる紫の不思議な生き物、この子の名前はラリー。

絵本は、ラリーが自分に話しかけてくるような文章で進みます。

 

最初のページには左側にリボンのついた箱と、右側にはラリー。

「やあ、ラリーだよ。これはきみへのプレゼント。」

 

…プレゼントだって。

中身が気になって、開けたくなりますね。

 

そして次のページへ進むと、こんな文章が。

「まだ開けちゃだめ!」

 

え!?だめなの!?

でも中身が何か気になりますよね。

 

そしてページを進めると、「箱をてのひらで押してみよう!」「こすってみよう!」「つまんでみよう!」など様々な指示が。

その通りに箱をしてみると、なんととんでもないことが…!

 

文章は普段子供たちが家族としているような話しかける言葉のみで、言葉がわかるようになったらすぐに楽しめる絵本。

公式でも2歳~と書かれています。

 

次から次へと大慌て、ラリーと不思議な箱に振り回されてみんな大爆笑の参加型絵本。

最後にクリスマス要素が出てきて、冬にぴったりの1冊です。

 

感想

 

このシリーズで1番有名なのは『ぜったいにおしちゃダメ?』という絵本。

表紙に不思議なボタンが描いてある絵本、本屋さんで見かけたことはありませんか?

 

我が家はその絵本の英語版を娘と読み、英語でしたが大爆笑でとても娘が気に入ったので今回日本語版も読んでみることにしました。

ちょうどクリスマスシーズンだったのでこちらを選びましたが、クリスマス要素は最後に少しだけなのでどの季節でも楽しめると思います。

 

「ぜったいに開けちゃだめ!」

と言いながら、あの手この手で誘ってくるラリー。

 

ちょっとだけならいいよね?

リボンをひっぱってみて?

 

でも、その通りにすると絵本の中は大変なことになってしまいます。

それを何とかしようとすると、更に大変なことに!

 

全文がこちらに話しかけてくるような文章なので、簡単に読んでいる人とラリーのやりとりができあがりスッと絵本に入り込めました。

人間のやりたくなってしまうという心理をうまくつき、世界中の子供たちが夢中になっているシリーズ。

こちらのクリスマス版は表紙もキラキラとしているので、クリスマスプレゼントにも人気ですよ。

 

日本語版

 

英語版

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告