4歳

ジェットコースターで人体をめぐる!『人体ジェットコースター』読んでみた。

 

4歳の頃から図鑑を読むようになった娘。

動物と人体が特にお気に入りのよう。

 

今回は、そんな人体好きさんにおすすめの絵本をご紹介します。

図鑑とは違う楽しさで人体について詳しくなれる1冊です。

 

人体ジェットコースター

 


人体ジェットコースター (ポプラ社の絵本 78)

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 あり(ルビあり)
ページ数 40ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 5歳

ISBNコード:9784591171028

 

どんな本?

 

世界最速で体の中を大冒険!

遊園地の人気アトラクション「ジェットコースター」に乗って、人体をめぐる大冒険がはじまります。

 

さぁ、出発!

カタカタカタ…

口まで登ったあとは、一気に食道へと滑り下ります!

 

びゅおおおおおおお!

すごいスピードで食道を抜け、次に向かうのは胃。

じゃぼんっと胃液を通り抜け、一度心臓へ戻るコースター。

 

このあとも、肺、耳、顔など色々な場所をめぐります。

 

 

縦に読む作りの絵本で、ジェットコースターの上下する動きが大きく描かれています。

ページにはそれぞれの部位と説明文が書かれており、ページ内でも働きがわかりやすくイラスト化。

 

曲がりくねった小腸や血管の中を走り抜けるスピード感もあり、ジェットコースターらしい疾走感でいっぱいの作品。

自分の体を想像しながらイメージが膨らむ1冊です。

 

感想

 

娘は細かい描きこみ系が好きで、中垣さんの他の作品も大好きです。

創作意欲がわく漫画絵本!『エーくんビーくんのなんでもつくります!』読んでみた。メカ作りが得意なエーくんビーくん。街の人を助けるために、次々とアイデアメカを発明して問題解決していきます。コマ割りでフルカラー漫画のように楽しめる新感覚絵本を幼稚園の娘と読んだ感想をご紹介します。...

 

今回は興味のある「人体」がテーマのお話ですが、お話のスケールが大きく図鑑とは全く違う世界観で体の部位を楽しむことができました。

説明も簡潔なので勉強臭さはなく、本当に体の中をめぐっているようなイメージがわきました。

 

口から食道→胃と進む際、本当は食べ物だと胃の次は小腸に向かうのですが絵本の中では一度心臓に戻ったりしています。

「心臓」「胃」「肺」など基本的な部位をはじめ、各部位をうまくまわれるように実際の流れとは違う進み方の部分もあります。

 

冒険する人体の顔が少々怖いのですが、この絵本だとそれがまたスリルに。

ジェットコースターに乗ったことのない5歳娘も体の中をイメージしながら読めていたので、図鑑よりも身近に人体を感じることができたようです。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告