3歳

ブルくんとかなちゃん英語版『Katie and Boo』読んでみた。

 

英語絵本を読みたいけれど、自分で読むのに自信がない。

そんな方におすすめなのが、「CD付き英語絵本」。

 

今回ご紹介するのは、多数のCD付き英語絵本を出版するアールアイシー出版の絵本。

仲良くなりたいブルドッグと女の子の、微妙な駆け引きが楽しいお話です。

 

Katie and Boo

 


Katie and Boo (R.I.C. Story Chest)

カタカナ
漢字
ページ数 24ページ
本のサイズ B5くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784902216400

 

どんな本?

 

ある日、Katieの家にやってきたのはブルドックのBoo。

Katieと仲良くなりたいBooですが、怖がられてしまいKatieギャン泣き。

 

Booの仲良くなろう大作戦が始まります。

 

Katieがピアノのおもちゃで遊んでいたら、一緒に歌ってみたり。

お気に入りのぬいぐるみをマネて寝転がってみたり。

 

でも、なかなか2人の距離は縮まりません。

Katieが泣かないよう、犬小屋に隠れるようになったBoo。

 

2人は仲良しになれるのでしょうか?

 

この作品は福音館書店の『ブルくんとかなちゃん』英語版で、英語朗読CDが付いています。

CDに入っている朗読は3パターン。

①通しで読むバージョン

②1ページずつ読むバージョン

③ゆっくり読むバージョン

 

1ページずつの朗読では、めくるタイミングで音が鳴るので小さなお子様の1人読み練習にもぴったり。

英文は少な目で、リスニング練習にぴったりの作品です。

 

感想

 

R.I.C.PUBLICATIONSの英語CD付き絵本は今までにも何冊か読んでいます。

ページをめくるタイミングで音が鳴るので、「英語を読みながら英語を聞く」という練習をしやすくて気に入っています。

 

今回の作品はお話もわかりやすく、英文も少な目なので幼稚園娘の理解も早かったです。

なのでゆっくり朗読バージョンでは単語を指で追いながらだいたいどこを読んでいるかなと考えられていて、リーディングとリスニング両方の練習がしやすかった様子。(リーディングは、ほとんどやったことがありません。)

 

ただ、なぜか「お母さんに読んで欲しい」とCDをあまり聞いてくれず…

私の英語より絶対にCDの方が上手なのですが、子供にとっては「お母さんの声」というのが安心するのかもしれませんね。

私がCDを聞いて、なるべく上手に読めるように頑張りました。

 

シンプルなストーリーですが、娘はこのお話を気に入ったようなのでまたリーディング&リスニング練習に活用したいと思っています。

 

英語版
Yumiko Fukuzawa (著) Mia Lynn Perry (翻訳)

 

日本語版

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告