2歳

感動の結末、めくってたのしいしかけ絵本『KNOCK! KNOCK! Open the DOOR』読んでみた。

 

くまちゃんシリーズで有名なデイヴィッド・ウォーカーさんの絵本、娘が大好きです。

そして、しかけ絵本も大好き。

 

そんなお子様にぴったりの、可愛くて楽しい作品があります。

次は何かな?とワクワクが止まらない絵本をご紹介します。

 

KNOCK! KNOCK! Open the DOOR

 


Knock! Knock! Open the Door

カタカナ
漢字
ページ数 24ページ
本のサイズ A3くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9781447211341

 

どんな本?

 

KNOCK! KNOCK!

男の子が部屋にいると、ドアを叩く音がします。

ページの右側には、大きなドア。

 

Who's there?

Open the door…

 

It's a polar bear!

しろくまさん、こんにちは。

僕はとっても可愛い子を待っているんだけど、君ではないんだ。

 

KNOCK! KNOCK!

またドアを叩く音がします。

 

What's that?

Open the door…

 

It's a spotty cat!

ねこさん、こんにちは。

僕はとってもおもしろい子を待っているんだけど、君ではないんだ。

 

どうやら、男の子は誰かを待っているみたい。

色んな動物が訪ねてきますが、みんな違うようです。

 

男の子が待っているのは一体誰なのでしょうか?

 

"KNOCK! KNOCK!"の次の文章は毎回変わり、動物たちにかける言葉も毎回変わります。

毎ページ同じ扉ですが、英語に少しずつ変化がありめくる度に「また違った。じゃあ誰を待っているんだろう?」と期待が膨らみます。

 

めくるタイプのシンプルなしかけと、ラストに登場する素敵な誰か。

待ちわびる男の子の気持ちがこちらにまで伝わるような温かいお話の1冊です。

 

感想

 

しかけ好きの娘にと選びましたが、予想通り気に入ってくれました。

めくるだけのシンプルな作品ですが、それが繰り返しで楽しかったようです。

 

KNOCK! KNOCK! → ? → Open the door → It's a ○○!

という流れは固定のまま、単語などが少しだけ変わるので毎回同じ部分はすぐに覚えられると思います。

出てくるのもしろくま、恐竜、スカンクと意外な動物ばかりでめくって驚きがあるのも良いですね。

 

ただめくっていって終わり、ではなく、きちんと物語にオチがあるのでストーリーも楽しめます。

大人の私も最後まで誰が出てくるのかわからず、素敵なラストに心が温かくなりました。

 

英語版
Michaela Morgan David Walker

 

日本語版
ミカエラ モーガン(著) デイヴィッド ウォーカー(絵) ひがし かずこ(訳)/岩崎書店

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告