3歳

最初から最後まで一筆描きで繋がる驚きの絵本!『せんをたどってがっこうへいこう』読んでみた。

 

線をなぞることは、小さな子供にとって大事な一歩。

はみ出さずになぞることは、やがて運筆として文字を書く練習に繋がります。

 

今回は、その「線をなぞる」が楽しくできる絵本をご紹介します。

文章がわからなくてもなぞって遊べるので長く楽しめますよ。

 

せんをたどってがっこうへいこう

 


せんをたどって がっこうへいこう (講談社の翻訳絵本)

カタカナ
漢字
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784062830607

 

どんな本?

 

ローラ・ユンクヴィストさんが描く、「せんをたどって」シリーズ第4作目。

表紙から裏表紙まで、文字も絵もひと筆描きでつながっている驚きの絵本です。

 

今回は学校がテーマということで、表紙には学校が。

タイトルの『せんをたどって』の部分から、もう線は始まっています。

 

最初に出てくるのは学校の扉。

さぁ、学校に行ってみよう!

 

まずは教室。みんなで挨拶。

次は理科室。動物や地球について勉強。

次は図書室。たくさん本が並ぶ。

 

…こんな風に、学校にある部屋をひとつひとつ巡ります。

もちろん、表紙から続く線は全てのページで文字となり絵となり途切れません。

 

線をたどる以外に、それぞれの教室に関するクイズが数問ずつ用意されているのも楽しい。

実際の写真とイラストが混ざったいかにも外国らしいカラフルな画面は、賑やかで子供たちを飽きさせません。

表紙から裏表紙まで、途切れずに線を辿れるかな?

 

感想

 

この絵本は、線をたどるのが大好きな娘用に見つけたもの。

思った通り、すぐに気に入って何度もなぞっている1冊です。

 

娘はまだ幼稚園なので学校の教室を知りませんが、この絵本で少し理解できた様子。

理科、美術、図書などジャンルごとに分かれているんですよね。

 

途中に出てくるクイズは「〇〇はどこでしょう」など幼稚園児でも解けるものなので、娘も線をたどりながら一生懸命探して頭をフル回転させていました。

 

元が外国の絵本なのを翻訳して、その翻訳した文字を線として作られているのがすごい。

シリーズ化されているので、ぜひ他の作品も読んでみようと思います。

運筆、迷路がお好きな方におすすめの絵本です。

 

日本語版
ローラ・ユンクヴィスト(さく) ふしみ みさを(やく)

 

英語版
ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告