2歳

200万部突破の人気作!子供がルールを学べる『ノンタンぶらんこのせて』読んでみた。

 

何度も読んでいるし子供も大好きなのに、ブログで1度も紹介していない絵本がありました。

1976年に出版されて以来、40年以上も愛されるシリーズ『ノンタン』です。

 

赤ちゃん版ノンタン、ノンタンあそぼうよなどいくつか種類がありますが、今回は3歳から楽しめる『ノンタンあそぼうよ』の中でおすすめの1冊をご紹介します。

 

ノンタン ぶらんこのせて

 


ノンタンぶらんこのせて (ノンタン あそぼうよ1)

カタカナ あり(ルビあり)
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784032170108

 

どんな本?

 

ノンタンがぶらんこに乗っていると、お友達が「のせて!」と声をかけてきました。

「だめだめ!まだちょっとしか乗ってないもん!」

 

またしばらくすると、別のお友達も「のせて!」と声をかけてきます。

「だめだめ!これから立ち乗りするんだもん!」

 

このあともお友達が声をかけますが、そのたびにノンタンは言い訳ばかり。

とうとうお友達は怒りだしてしまいます。

 

「わかったわかった、じゃあ10まで数えたら替わるよ!」

「せーの、1、2、3…」

 

あれ?

なんだかおかしい。

ノンタン、何回やっても交替できないんです。一体どうして?

 

子供たちが、ルールや数の数え方を学べる大切な1冊です。

 

感想

 

待合室などにも多く見かけるノンタン。

子供の頃に読んでいたものを、自分の子供に読める有難さを嚙みしめることのできる絵本です。

 

ノンタンシリーズはトイレ、歯磨きなど子供たちの日常に沿ったものが多く、この『ぶらんこのせて』は公園が舞台になっています。

なかなか譲ってくれないところも、一生懸命数を数えるところも、とても子供らしいですよね。

 

幼稚園の娘は、この絵本を1歳の弟に読み聞かせてくれました。

「だめ、っていうのは、やらない、っていうことね。」

などちゃんと説明しながら読む姿に成長を感じ、読み聞かせの上手さにびっくり。

 

誰かが使っているから順番に待つ、誰かが待っていたらどうぞと譲る。

公園に限らず、これから社会に出ていく子供たちが覚えておくべき基本ルールをわかりやすく学べる絵本だと思います。

 

 

ノンタンあそぼうよシリーズ全巻セット

 

おはなしCD

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告