1歳

夏の風物詩で連想ゲーム!『なつといえば…』読んでみた。

 

いよいよ夏休み。

でも外出自粛の2021年は、花火大会もお祭りも中止ばかりです。

 

おうち時間が増えることもあり、子供の夏休み気分を盛り上げるための絵本をたくさん揃えました。

今回は、その中でも娘のお気に入りの1冊をご紹介します。

 

おまつり

 


なつといえば…

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 24ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 1歳

ISBNコード:9784434270512

 

どんな本?

 

『あかちゃんと四季のえほん』というシリーズで、春夏秋冬の4種類が出ている絵本。

『なつといえば…』では、夏と関係する色んなものが1ページごとに登場します。

 

なつといえば…うみ!

うみと言えば白い波…

白と言えば…おばけ!

おばけと言えばひんやりぞくぞく…

ひんやりぞくぞくと言えば…?

 

このように、前のページから次のものを考える連想ゲームにもなっています。

 

シンプルなイラストとはっきりした色使いで、赤ちゃんにもわかりやすい作品。

文章が短いので自分で読む練習にもぴったりです。

 

小さな子供でも知っているような基本的なものばかりなので、この絵本を読んで夏の風物詩を覚えられそう。

めくるたびに季節を感じられる可愛らしい1冊です。

 

感想

 

新井洋行さんの作品はイラストがシンプルでわかりやすく、とにかく雰囲気可愛いので大好きです。

小さな子供はもちろん、イラストのわかりやすさから幼稚園児の娘にも人気です。

食パンが主人公のおいしい絵本『トーストン』読んでみた。トントントントントーストン!月曜日から日曜日まで、色んな食パンメニューに出会える可愛い絵本。実際に作れるアレンジいっぱいの1冊を、幼稚園児の娘と読みました。小さいお子様におすすめです。...

 

今回は夏を感じてほしいという気持ちでこの作品を選びましたが、「夏」というテーマ意外にも前後のページで連想ゲームになっているのがおもしろかったです。

娘もクイズのように楽しんで、「おばけ=ひんやり・ぞくぞく」「はなび=夜空に大きな花が咲く」などそれぞれの特徴を言葉にして理解できました。

 

そのもの自体は知っていても「どんなものか説明して?」と言われると言葉で説明するのが難しいことが多いので、こうして言葉にして表現している絵本で説明の仕方を学んでくれたらいいなと思います。

 

夏休み、この絵本に出てくるものをひとつずつ楽しんで「夏と言えば…」と子供たちの頭にイメージが浮かんでくるように過ごすのが目標です。

 

新井 洋行/アルファポリス
ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告