絵本

絵本で楽しむ公園♡こんなぶらんこ、あったらいいな。

 

公園に行きたがる子供、でもお天気や時間の関係でちょっと今日は行けない…という日に絵本で公園を作ってみました。

その時に読んだぶらんこ担当の絵本をご紹介します♡

 

ぶらんこぶーちゃん

 


ぶらんこぶーちゃん (チャイルドブックアップル傑作選)

 

どんな本?

 

主人公はみーちゃんという女の子。

公園で大人気のぶらんこ、いつも誰かが乗っていてみーちゃんは乗れません。

『ぶらんこ乗りたいなぁ…。』

 

そこに突然現れた、ぶらんこのぶーちゃん。

みーちゃんを乗せて、背中を押したり歌を歌ったり…

猫や魚と一緒にぶーらん。

川でも屋根でもぶーらん。

 

誰だっていつだって乗れる、魔法のようなぶらんこのお話です。

 

感想

 

ぶらんこに乗っているような心地よい雰囲気で、見るのも読むのも疲れない絵本でした。

作者ははれときどきぶたで有名な矢玉四郎さん。

 

こんなことあったらいいね、という子供の夢がつまっていて、この世界観は子供目線に立たないと思いつかないなぁと思います。

 

こちら商品リンクを探したのですが中古本しか見つかりませんでした、気になる方はぜひ書店で聞いてみてください♡

 

 

カタカナ なし
漢字 なし
ページ数 24ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間300冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューではできるだけ『英語版・日本語版』の両方リンクを貼れるよう探しています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告