3歳

夏ってどんな色?想像する知育絵本『なんのいろ なつ』読んでみた。

 

娘が3歳の頃に出会ってから、ずっとお気に入りの絵本があります。

春夏秋冬をテーマにした、季節を学べるシリーズ絵本。

 

今回は「夏」がテーマの1冊をご紹介します。

色・形で感じるという珍しい側面で、お子様も考えながら楽しめるはず。

 

なんのいろ なつ

 


なんのいろ なつ きせつのえほん なんのいろ

カタカナ なし
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784860573911

 

どんな本?

 

「夏」という季節を、色から感じ取る絵本。

ページをめくると、夏にちなんだいろんなものが登場します。

 

ページの左右にそれぞれ何かの形をした「色」が登場し、次のページにそれを合体させたものが登場します。

一体何が出てくるのか、「夏」という最大のヒントから、色の組み合わせで想像するクイズ感覚の絵本です。

 

「黄色」と「水色」のように書かれているものや、

「まぶしい色」と「うきうき色」と書かれているものまで。

色から感じる印象も言葉で表現されています。

 

想像力はもちろん、季節に関する情報も増やせるので知育の側面で絵本を探している方にもおすすめ。

文科省検定教科書の著者でもある大橋功先生も、この絵本を推薦しています。

 

パラパラめくるだけで、夏を感じる鮮やかな1冊

「これは何の色かな?」と想像しながら、楽しく読める脳トレ絵本です。

 

感想

 

このシリーズ、何種類も読んでいるのですが色をテーマにした作りがとても素敵で、季節が変わるごとに読みたくなるうちのひとつ。

今回読んだ「夏」はどのページも夏らしい色が溢れていて、楽しい夏休み気分を味わうことができました。

 

幼稚園児の娘は色の組み合わせから連想するのが毎回楽しみで、ひまわりなどわかりやすいものは即答。

ビーチの絵では、「あの、下に人が寝る時の傘!」とビーチパラソルについての説明もしてくれました。

脳トレになるのはもちろんですが、こうして季節に関する情報が増えていくのも嬉しい反応です。

 

他にも『なんのいろ』、『なんのかたち』、『みつけよう!』というシリーズで、それぞれ春夏秋冬の4種類ずつ出ているのでその時期にぴったりのものを子供たちと楽しんでいます。

 

 

春ってどんな色?四季を色で楽しむ『なんのいろ はる』絵本を読んでみた。組み合わさると、何になる?春を感じる様々な「色」と「形」から、子供たちの考える力と想像力を高める絵本。四季を学ぶ知育としても、純粋に色を楽しむ赤ちゃんにもおすすめの1冊をご紹介します。...
形から想像する力を鍛える知育絵本『なんのかたちあき』読んでみた。季節を形で感じる脳トレ絵本シリーズの「秋」編。色々な形を組み合わせて何ができるか想像し、秋にまつわるものを学習できる絵本です。幼稚園児の娘と読んだ感想をご紹介します。...
冬ってどんな音?四季を音で楽しむ『なんのおとふゆ』読んでみた。色んな側面から季節を感じる、楽しい知育絵本シリーズ。今回は音で季節を感じる1冊を読みました。お受験には欠かせない季節や行事、幼稚園児の娘と絵本で楽しく学んだ感想をご紹介します。...
ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間500冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告