ねこ

簡単な英単語だけ!多角的な視点を学べるネコ絵本。

 

今回ご紹介する絵本は、アメリカで最も優れた絵本に贈られる「コールデコット賞オナー賞」を受賞した作品です。

英文は短くシンプルで、ほとんど基礎的な英単語。すごく読みやすいと思います。

最後に日本語版のリンクも貼ったので、そちらもぜひご覧ください♡

 

THEY ALL SAW A CAT

 


They All Saw A Cat (Cat Books for Kids, Beginning Reading Books, Preschool Prep Books)

 

どんな本?

 

1匹のネコが、歩いています。

そして子供、いぬ、きつね、魚、ノミ、鳥、ハチ、ねずみ…色々なものに出会います。

 

子供が見ると、人懐っこくて可愛いネコ。

でも犬が見ると、じろりとこちらを睨みつける意地悪そうなネコ。

 

同じ1匹のネコなのに、見る人(生き物)によって全然違う!

1人の人が描いたとは思えないような、全く違うネコの姿に驚かされます。

 

タイトルと同じ簡単なフレーズが繰り返されるので、子供の英語絵本デビューにもおすすめ♡

自分の見ているものが全てではないことに気付かせてくれる絵本です。

 

感想

 

『ねこってこんなふう?』のタイトルで日本語訳もされている絵本。

我が家は英語版が初見でしたが、簡単な英単語と短いフレーズばかりなので日本語絵本と変わらない感覚で読めました。

 

見る角度はもちろんですが、同じネコなのにこんなに雰囲気を変えられるの?とびっくりするくらい絵の雰囲気が様々です。

子供たちがこの絵本を読んで「自分の感じ方と違う人もいる」ということに気付き、物事を多角的に考えられるようになってくれたら嬉しいです。

英語版

 

カタカナ
漢字
ページ数 35ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

 

日本語版
ブレンダン・ウェンツェル(作) 石津 ちひろ(訳)
ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告