3歳

せなけいこのおばけえほん『かみなりのおやこ』読んでみた。

 

大人も子供も1度は目にしたことのあるせなけいこさんの絵本。

『ねないこだれだ』の真っ白なおばけが有名ですが、他にもおばけ絵本があるんです。

 

今回は、そんな『せなけいこ・おばけえほん』シリーズから雷の親子のお話をご紹介します。

子供がとにかく可愛くて、オチまで笑える1冊です。

 

せなけいこ・おばけえほん かみなりのおやこ

 


かみなりのおやこ (せなけいこ・おばけえほん)

カタカナ なし
漢字 なし
ページ数 28ページ
本のサイズ B5くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9784494004386

 

どんな本?

 

虎の皮のパンツを履いて、太鼓を持ってゴロゴロピカピカと雷を落とす鬼。

雷というと昔からこんなイメージが根付いていますが、その子供はどうでしょう?

 

ある日、お父さんと一緒に雷を落としに行くことになった子鬼。

きょとんとした顔をしながら雷を慣らしますが

 

ごろごろぴかぴか!

 

迫力あるお父さんと違い…

 

ころころぺかぺか。

 

まだまだ練習中。

虎皮のパンツを履いて楽しそうに鳴らす子鬼ですが、このあと雲の切れ間から下に落っこちてしまいます。

 

落ちた先で出会ったのは、なんと虎。

このあと、子鬼はどうなってしまうのでしょうか。

 

この絵本は、童心社から出版されているせなけいこさんのおばけえほんシリーズの1冊。

民話・伝説・落語などをモチーフに、子どもたちの大好きなおばけをちょっぴりこわくてユーモラスに描いたシリーズです。

 

多くの人のイメージ通りの怖いお父さん鬼と、怖さゼロで可愛い子鬼。

子鬼がメインのお話で、小さなお子様でも楽しく読めるようになっています。

 

雷鬼ってどんなもの?と読み進めるうちに、すっかり子鬼の可愛さに魅了されてしまう絵本。

ラストのオチにはきっと大人も笑ってしまいますよ。

 

感想

 

娘が読みたいと選んだ絵本。

『鬼のパンツ』の歌など幼稚園で歌っていたので、自分の知っている表紙に興味がわいたようです。

 

ただのおばけ紹介ではなく、きちんとストーリーがあり、笑えるオチがあり、絵本として子供もしっかり楽しめました。

最後のオチについては、先に私が一人で爆笑してしまい4歳娘にも説明すると一緒に笑っていました。

「オチ」というものをなんとなくはわかっているのかな。

 

きょとんとした顔でとことこお父さん鬼についていくところや、「ころころぺかぺか」というなんだか気の抜けた音など、子鬼がとにかく可愛い。

鬼ということを忘れて読んでしまいました。

 

虎の縞模様にふわふわの紙が使われていたり、せなさんならではの紙遣いも楽しめる絵本です。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告